FC2ブログ
広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018年11月07日 (水) | 編集 |
こんにちは、初めまして。KIDです。
最近、夜の冷え込みが激しくなりいよいよ冬の季節が近づいて参りました。
2018年も残すとこ50日ほど・・・。今年もあっという間に終わりそうですね。
やり残したことがないようにこれから1日1日を大切に過ごしていきたいですね。


さて、今回はタイトルにも書いたように先日のゼミ旅行の様子について話したいと思います。
今年のゼミ旅行は島根県へ行ってきました。途中、道の駅などで休憩を挟みながら、松江フォーゲルパークへと向かいました。
まず、宍道湖や園内を一望できる展望台へ行き、景色を楽しみました。
IMG_4597.jpg 

宍道湖をバックに一枚パシャり。(かなり逆光ですが・・・)

その後は、園内を見て回り、ペンギンやカラフルなオオハシを始め、たくさんの鳥類を見ることができました。途中でエサやりができるコーナーなどもあり、非常に楽しかったです。
IMG_4606.jpg 

トキにエサをあげているデグーさんです。この方は、オウムに色んな言葉を教え込んでいましたね。賢いオウムはそれを連呼し、デグーさんは面白がっていました。(笑)

そして、最後にフクロウショーを見ました。観客席を飛び回るフクロウにただただ圧倒されました。観客のかなりスレスレを飛行するので、中にはちょっとした被害に遭われた方も・・・(笑)
IMG_4155.jpg 
迫力ありますねー。ショーは時間帯の都合でフクロウショーしか見れませんでしたが、他にもペンギンの散歩やタカやワシなどによるバードショーなどもあるみたいです。また機会があれば行ってみたいですね。

松江フォーゲルパークの後は、琴引山荘ビレッジへと向かい、夕食を食べました。 
IMG_4157.jpg 
IMG_4650.jpg
タイやブリ、ウッカリカサゴなど対馬で釣れた魚を存分に使った海鮮丼を食べました。
脂も乗っていて、非常に美味しかったです。
魚の準備等を含め、本当にありがとうございました。

夕食の後は、おつまみを食べながらゲームに熱中しました。Wii UやSwitchを持参していたので、色んなゲームを楽しむことができました。想像以上に白熱し、日を跨いでもその熱が冷めないくらい盛り上がっていました。
移動等で非常に疲れていたと思いますが、準備から片付けまで皆さん、ご苦労様でした。

2日目は、AQUASへと向かいました。
IMG_4158.jpg

IMG_4159.jpg 

IMG_4156.jpg
皆さん夢中で見てますね。知らない魚もたくさんいて、色々と盛り上がりました。魚を見るのはやはり楽しいですね。最後に、シロイルカのショーを見て、お土産などを買い、帰路につきました。帰りに、ちょっとしたナビのアクシデントがありましたが、全員無事帰ることができました。

車出しや運転、魚の準備やゼミ旅行の企画など色々とありがとうございました。
2日間という短い間でしたが、ゼミ内での親睦は深まったのではないかと思います。
またこういう親睦を深める機会があるといいですね。

これから本格的に冬が始まり、気温も低くなりますが、体調管理には気を付けて残り11月、12月頑張っていきましょう。それではまた。

KID


スポンサーサイト

2018年10月31日 (水) | 編集 |
こんにちは。
広島大学はここ数日、朝晩の冷え込みが激しくなり秋らしさを感じるようになりました。

はじめまして。H.Sです。
9月末に開催されました日本動物行動学会に参加してきました。
台風24号直撃のためスケジュールが短縮されるというハプニングが起きたものの皆、無事に学会を終えることができました。

私たち研究室メンバーからはポスター発表で以下の3名が発表しました。

フウライさん
「フウライチョウチョウウオの産卵生態と一夫一妻の進化要因」

フタスジさん
Dascyllusハレム社会2形と隠蔽的性転換による成長投資戦術」

柴田さん
「イカナゴにおける遊泳期および夏眠期水温環境における砂中での呼吸活性」

学会に参加されました研究者の皆様。貴重なご意見ご感想ありがとうございました。

動物行動学会ではポスター発表、映像紹介、口頭発表、ラウンドテーブル、懇親会という内容でした。映像紹介では様々な動物の行動を映像で発表するというもので行動学会らしいなと思います。どの発表も面白く、自分の知らないことだらけで良い刺激を受け、早く自分も発表者として参加したい!と強く思いました。

最後に皆で集合写真。
次の大会では今回発表できなかったメンバーも発表できるよう研究を進めていきます。
来年度の大会でお会いしましょう。 by H.S
行動学会集合写真 






2018年10月21日 (日) | 編集 |

こんにちは、初めましてサキ子です。

今回は10月に資源組が東北へ行ったことについて話したいと思います。


話の初めに、自身の卒論に関して軽く触れておきます。私はアサリを食すサキグロタマツメタという巻貝についての研究を進めています。その巻貝は広島にも生息していますが、東北地方が個体数も多く加え、アサリの漁業被害も大きいほど…。

私は7月にも相馬の松川浦で調査し、今回は10月で巻貝の卵塊も含め調査しました。


10月9日、前日入りした先生と私に加え、福島県水産試験場の方にも協力いただいて、午前中に野外調査を行いました。

この日は漁業者の方も卵塊の駆除を行うとのこと…

DSCF1717.jpg

運良く調査には影響せず、私たちも採捕して駆除の手伝いも兼ねて、行いました。

調査地点に到着すると、すぐに卵塊があちらこちらに・・・

IMGP6834.jpg

数も、そしてサイズも予想より大きく驚きました。

しばらくすると、徐々にサキグロタマツメタが現れてきました。DSCF1719.jpg

しかもアサリを足でくるんで、抱えているサキグロが多いような・・・ 今回の調査は卵塊とサキグロの密度などを測りました。

昼食を済ませた後は、相馬支場を少しお借りし採捕した卵塊とサキグロを計測し、この日は終了しました。


翌日の10日、午前中にも同じように野外調査へと向かいました。駆除の甲斐あって、卵塊は少なかったですがサキグロは出現していました。

調査が終わり、午後は測定を行いました。すると、9日の調査で採捕した卵塊の数は約900個、サキグロは約400個体という結果が出て・・・これでもほんの一部なのだから驚きです。


そしてこの日は、資源組のメンバーとも合流する日でもありました。後からその道中を聞くと、切符の日付を間違えて…カツサンドを…などのトラブルはあったようですが、無事に到着しました。


この日の宿は、松川浦近くの旅館でした。そこでの夕食は東北の海の幸を使った料理が出されました。

DSC_1029.jpg

写真にあるようなヒラメのお刺身などに加え、さらにカレイの煮付けやイクラの醤油漬けなどなど・・・盛りだくさんでとてもおいしくいただきました。


夕食を終えた後は、先生と私、そして今回も水産試験場の協力を頂いて、夜の野外調査へと向かいました。昼と夜とで差はあるのか、という調査を行いました。

現地に行くと…

DSCF1743 (2)

夜でも出ていました。時間が経つにつれ、続々と出てくるように・・・。昼と同様、アサリを抱えている個体も多いように感じました。一方で、昼には見えなかった生物にも会えました。例えば、ガザミも多くみられ、さらにコンゴウフグまでも…。IMGP6916コンゴウフグ (2)

同じ場所でも、昼と夜では違う表情をみせ、調査に加えてとても面白みがありました。(もちろん、調査する許可はとっています。)


そして翌日11日、まず松川浦の近くにある相馬原釜魚市場の見学を行いました。DSC_1040.jpg

試験操業にもかかわらず、かごがずらーっと並ぶその量と、そして瀬戸内海では見られない様々な種類が多く、見ていてとても新鮮でした。特にカレイの種類が多く、いい勉強になりました。IMG_4418.jpg

見学し終えた後、相馬支場に戻ったところちょうど漁獲された魚のデータをとっていました。

IMG_4413.jpg

東北の魚も近くで見れ、さらにあざやかな魚さばきで職員の方が実際に計測する姿を見るいい機会となりました。


相馬を出た後、昼食に仙台名物牛タンを食べ、東北大学農学部へと向かいました。

そこでは、片山先生にタチウオの耳石の輪紋について教えていただき、さらに研究室など見学させてもらいました。その後、懇親会までひらいてもらい、交流を深めました。お手製のはらこ飯もいただき、とてもいい思い出になりました。IMG_4492.jpg


最終日となる12日、早起きをして石巻魚市場の見学へ向かいました。最初は、その魚市場の大きさや充実した施設設備など驚きました。DSC_1045.jpg

さらに見学していくと・・・

DSC_1052.jpg

大きなカゴいっぱいに大量に漁獲されたサバが!

見る光景すべてが新鮮でとても貴重な体験になりました。


見学後は、東北大学の女川実験所へと向かいました。寄り道に石巻の道の駅や女川魚市場の見学、女川駅前のシーパルピア女川という施設にも行きました。そして、予定よりも少し早めに到着しました。IMG_4470.jpg

ここでは、ナマコやウニといった生物を飼育、研究を行っておりお話を聞きました。

ナマコの小さな姿を見るのは初めてで、個人的にはかわいかったです。


見学後は仙台へ向かい、そこで現地解散となり終了しました。


野外調査から始まり、市場見学、研究室訪問を行くなど、この東北に滞在した期間で学んだことが多く、すごくいい経験となりました。携わってくれた方々、本当にありがとうございました。


それでは、またどこかで!










2018年09月21日 (金) | 編集 |
先月の猛暑が嘘のように西条は肌寒くなってきました。
平成最後の冬はこれ以上寒くなってほしくないですね
どうも皆様お久しぶりですカレイです。

先週の出来事ではありますが、9月15日〜19日にかけて平成30年度日本水産学会秋季大会がここ広島大学東広島キャンパスの生物生産棟で開催されました。
資源からは私カレイが参加しました。その様子をお伝えします。

初日は各会場でシンポジウムがあり...
IMG_4281.jpg 
その中の「若手研究者による中国・四国地方の水産研究とこれから」というシンポジウムに我が研究室のAWAJISHIMAさんが参加しました。

kuz.jpeg 
発表前に若干緊張しているAWAJISHIMAさん

IMG_4279.jpg
内容は学部時代から行なっていた伯方島の実験所でのイカナゴの研究の発表でした。
始まる前は少し緊張されてましたが、いざ発表が始まると堂々とした発表をされていました。流石ですね。

2日目は資源からは発表された方はいませんでしたが、研究室OBであるギンポさんが大阪湾におけるアカガイの発表をされていました。

3日目は私カレイのポスター発表がありました。
IMG_4292.jpg 
ポスター発表ではたくさんの方々から貴重な意見をもらうことができ、とてもいい機会になりました。

また、ポスター会場ではOBである太刀男さんもマイワシの発表をされていました。


今回は春ぶりの水産学会であり、準備にも追われていましたが無事発表を終えることができました。今回もらった意見も参考にし、論文執筆を進めたいと思います。(解剖も進めなきゃなあ...)
また、今回の水産学会では資源の研究室から数名にバイトとして運営のサポートをしてもらいました。バイトをされた方々お疲れ様でした。
後期から研究室のメンバーも大きく増え、一層変わる資源でも気を引き締めて頑張って研究を進めていこうと思います。


それでは!





2018年08月21日 (火) | 編集 |
みなさん、お久しぶりです。
GTOです。

更新をサボり、余計な広告を出してしまいました(1か月以上更新がないと出るようです)。
反省しております。

少し前の話になるのですが、M2さんの修論中間発表会がありました。
資源からはAWAJISHIMAさんとごえもんさんが発表を行いました。
(フウライさんは実験のため延期)
RIMG2594.jpg 
AWAJISHIMAさん「イカナゴの母性効果に関する生態学研究」
イカナゴの雌親の特性が加入にどのように影響を及ぼしているかを飼育実験によって検討されていました。


RIMG2589.jpg 
ごえもんさん「口永良部島におけるニザダイの摂餌生態」
口永良部島に生息するニザダイの摂餌生態について胃内容物及び腸管内容物から明らかにされていました。

二人とも分かりやすく迫力のある発表をされていました。
他の研究室の方の発表も聞くことが出来、非常に勉強になりました。
僕もM2さんみたいな発表ができるようにこれから精進してまいります。

M2の皆さん、お疲れさまでした!
それでは。

GTO




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。