FC2ブログ
広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2020年04月01日 (水) | 編集 |
やっと冬が明けて暖かい日が始まりましたね
どうもお久しぶりです。遂に最終学年を迎えるNBです。

大変遅くなりすみません、今回は修論発表会についてご報告させていただきます。
今年度は資源組6人、行動組1人の計7人のM2さんが修論発表をしました。
それでは資源組から一人ずつ簡単ではありますが、紹介させて頂きます!

トップバッターはデグーさん
「瀬戸内海中央部におけるサワラ及びカタクチイワシの仔魚の出現状況」
IMG_8575_20200401113228c3b.jpg
燧灘におけるシラス仔魚とサワラ仔魚による被食の関与を調べていました。
時期によってはサワラによる被食の影響が大きいことが示唆されたそうです。
長時間のソーティングほんとお疲れさまでした...

次はカレイさん
「広島県の河口域におけるカレイ科魚類2種の成長及び食性」
IMG_8570_2020040111322847b.jpg
マコガレイとイシガレイの2種に対し広島県の複数域の河口域が生育場としてのどのような特性をもつのかを調べていました。
広島県の河口域では、河川間で餌環境や稚魚の成長速度は異なり、年による変動も大きいとのことです。
カレイ一筋お疲れ様です!

T.Sさん「海底湧水が沿岸底生生物に及ぼす影響」
IMG_8565.jpg
海底湧水が沿岸域に生息する底生生態系の一次消費者の成長に及ぼす影響を評価していました。
海底湧水の噴出は周辺の底生生産者の生物生産やバイオマスに大きく貢献することが示されていました。
海底湧水はやはり偉大ですね...

Y.Kさん 「自然攪乱がアマモ場の魚類群集に与える影響」
IMG_1149.png

10年間のアマモ場の魚類群集の変化をモニタリングし、自然の作用による攪乱に対する魚類群集の応答を調査していました。
優占種の変化や、新たな種の出現など長期間の調査による非常に興味深い結果でした。個人的に今後の動向も気になります。

N.Kさん「瀬戸内海中央部におけるクロダイ仔稚魚とアマモ場との関係」
IMG_1150.png

クロダイとアマモ場の関係についてクロダイの生活史や体サイズの観点で調べていました。
クロダイの稚魚がアマモ場を選択的に利用している可能性があるそうです。
Y.Kさんの発表でもそうでしたが、アマモ場が様々な魚類にとって重要であることを改めて感じました。

資源組ラストはGTOさん「マサバ・ゴマサバの加入量変動に関する研究」IMG_8556.jpg
マサバの親魚の年齢が卵・仔魚の特性に及ぼす父性効果と、豊後水道におけるサバ類の出現パターンを調べていました。
豊後水道での2種の分布が顕著に分かれていて驚きました。
GTOさん最後までお疲れさまでした。

そして行動組からはT.Aさん
「口永良部島におけるクマノミAmphiprion clarkiiの社会構造―サイズ調和ペアの成立因に注目してー」
IMG_1071_20200219115709987.jpg

エラブのクマノミの社会生態を先行研究と比較してその柔軟性を調べていました。
密度条件と性転換・コロニー移動の選択、非常に興味深かったです。
2年間エラブでの研究お疲れさまでした

そして発表会後は恒例のケーキを!!
皆さん修論発表を終えて、とても良い笑顔ですね
CQNX9115.jpg
皆さん本当にお疲れさまでした!!
自分も1年後しっかりとした発表が出来るように最後の1年全力を尽くしたいと思います。
取り敢えず早く海に出たいです。(就活早く終わらせたい)

それでは!






2020年03月16日 (月) | 編集 |
こんにちは。

H.Sです。まだまだ寒い西条から投稿しています。

株式会社 デニズの鈴木様から
とても美味しいお魚が届きました。

20200316_051304849_iOS.jpg


通称、ベニアコウやメヌケと呼ばれている深海魚で、和名をオオサガ(あるいはサンコウメヌケ)といいます。1尾○○万円で取引されるほど、超がつく貴重なお魚ですが、なんと丸々1尾いただきました!とても丁寧に処理されておりました。感謝致します。

この仲間は非常に高齢になることが耳石から推定されており、100年以上生きる個体も発見されているようです。今回いただいた個体が何歳なのか気になります。私よりも長く生きているかもしれません。頭部までいただいたので、耳石を取り出してみる必要がありますね。

20200316_051337084_iOS.jpg

後日、新歓やイベントなどで、
美味しくいただきたいと思います。

鈴木様、ありがとうございました!!



2019年11月06日 (水) | 編集 |


こんにちは。4月から新たにこの研究室に入りました、行動組М1のSMKNです。
サンカクハゼの研究してます。
このブログは初更新です!至らないところがあるかとは思いますがどうぞよろしくお願いいたします。


さて、少し前になりますが10月18日に、秋から新たに研究室に配属された後輩に向けた新歓を行いました。
今年は3年生4人、2年生(研究者養成コース)1人の計5人が資源に仲間入りしました。



IMG_7746_convert_20191106210458.jpg

1人目は行動組3年のMNGWさん。
演劇をやっているそうです。某芸人と名字が同じだからといってGOをつけて呼ぶのはやめましょう。

IMG_7744_convert_20191106205811.jpg

続いて行動組3年のASIくん。
ゲームが好きらしい。エラブにも興味津々の様子。良いことも悪いことも全部教えるのでぜひ何でも聞いてください!

IMG_7748_convert_20191106210516.jpg

行動組ラストは2年生のNKMTくん。
研究者コースらしいです。筆者のサンカクハゼの飼育実験を少し手伝ってもらう予定です(たぶん)。よろしくお願いします!笑

IMG_7745_convert_20191106210443.jpg

4人目は資源組3年のKNKさん。
たぶん身長は筆者の2倍ぐらいあります。うらやましい。暇なときは部屋でYouTube見てるらしいので、皆さんぜひ釣りに連れ出してあげてください!

IMG_7742_convert_20191106210358.jpg

最後は資源組3年のHRKTくん。
他大学の医学部からやってきたらしい。いろんな意味で貫禄を感じます。なかなかの釣りガチ勢のようです。



以上の5人を迎え、これから色々な行事や研究などあると思いますが頑張っていきましょう!


この研究室には先輩がたくさんいるので、新入生は遠慮なく何でも聞いてください!
では短いですがこれで終わります。





[READ MORE...]
2019年06月28日 (金) | 編集 |
みなさんこんにちは。
4月から資源に来ました、M1のKHです。

今回は、6/17~6/19に行われたサワラ航海の様子を紹介します!
調査内容は5月同様、MTDネット、ボンゴネット、ノルパックネットによるサワラ仔魚やプランクトンなどのサンプリングです。

ボンゴネット回収作業中の写真です。  
海水をかけて、ネットに入っているサンプルを下に落としていきます。
6月サワラ航海(1)


初日の夜にみられた、多毛類と思われる生物
正式には「ギボシムシ」の仲間だそうです。
ボンゴネットに大量に入っていたため、選別が大変でした...
6月サワラ航海(2)


そして、恒例の釣りです!
イネゴチ・シログチ・マダイ・キス・キジハタが釣れました。
6月サワラ航海(4)

最終日には、たっちょくんが怒涛のヒットで、マダイを量産してました!
さすがですね!
6月サワラ航海(3)

今回の航海では、資源OBの方にも来ていただき、調査を行いました。
乗船した皆さんお疲れ様でした!

やっと広島も梅雨に入り、これから蒸し暑い日が続きそうですが、
頑張っていきましょう!

それでは。。。  HK



2019年05月31日 (金) | 編集 |
皆さん、はじめましてB4のちゃそです。

遅くなりましたが、5/15~5/17に行われた調査の様子を紹介します。デグーさんの研究のためのサワラ仔魚のサンプリング調査でした。

ボンゴネット、MTDネット、ノルパックネットによるサンプリングを行いました。夜間はクラゲが多く入っており、触り心地が気持ち悪く、取り除くのに苦労しました。たくさんの仔魚がはいっていましたが、どれがどれかを見分けるのは至難の業でした。容易にサワラを選別できるデグーさんさすがでした。
写真はノルパックネットの様子です。
ノルパックネット

また、CTDによる水温、塩分の観測も行いました。マイクを通して船員さんに連絡し、CTDを操作してもらうのですが初めてのことで緊張しました。ええ声で言わないと、船員さんに伝わらないらしいです。
CTD.jpg

釣りをする機会もあったのですが、私は坊主ちゃんでした。釣りって本当に難しいんですね。他の方はマダイやキジハタなど捕れていました。あとでいただいたのですが、ほっぺが落ちそうなくらい美味しかったです。真鯛

今治港に入港した際に訪れたのが、中華料理屋さんの重松さんです。中でも有名なのが、焼豚玉子飯らしいです。豚、卵、米というドシンプルですが間違いのない最強な組み合わせに、甘~いタレが絡み本当に絶品でした。サイズは4段階程あったのですが一番大きいサイズを注文したトントンさんとI・Rさん、ペロリとたいらげていました。自称フードファイターとしては見習いたいですね。

焼豚玉子飯

午前3時には市場の見学に行きました。海の漢の朝は早いですね。以前、1度訪れたことがあるのですが、おばちゃんが覚えてくださっていて、嬉しかったです。マダイを1匹ただでくれるとのことでしたが、冗談だったみたいです(´;ω;`)ちょっと期待したから残念でした。NBさんは気づいたらアイゴを購入していたらしいです。愛が強いですね。
市場

今回、豊潮丸に乗っての調査が初めてだったので、分からないことだらけだったのですが、先輩方も優しく指導してくださり、楽しい航海となりました。6月にもまたサワラの航海を行うので張り切っていきたいと思います。

それでは、おやすみなさい。

oyasumi.jpg