広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
2017年04月06日 (木) | 編集 |
どうもお久しぶりです。あわじしまです。

3月26日~3月30日の間でTOKYOにて日本水産学会が開催され、
資源からも何人か発表してきたので報告させて頂きます。

資源からはT.T先生(なんか顔文字みたい)、しげおさん、タチばななさん、上Dさん、ヒメハゼさん、
カレイトレーナーサトシさん、そしてあわじしまの7名が参加しました。

先生、しげおさん、私は口頭発表、他4名の方達はポスターでの発表となりました。
では、水産学会中の毎日を紹介させて頂きます。

水産学会前日
東京に到着し、時間あったのでとおりあえず葛西臨海水族園に行ってまいりました。

RIMG0463burog.jpg
駅からすでに水族館の雰囲気が!

RIMG0467burog.jpg
TL2mのマグロと、TL1.6mのタチバナナさん。

RIMG0472b.jpg
水族館は癒されますね。

初日は水族館で癒され、次の日の学会にそなえました。

水産学会初日
いよいよ発表の日がきました。
ヒメハゼさん、タチバナナさん、アワジシマが発表です。


RIMG0525b.jpg
朝から余裕のヒメハゼさん

RIMG0522b.jpg
朝からガチガチに緊張しているアワジシマ。写真からも伝わる緊張感

しっかりとUSBなどの忘れ物がないか確認し、会場である東京海洋大学品川キャンパスに向かいました。

RIMG0532b.jpg
なんと資源OBのナメラヤッコさんも来られておりました。ウニやナマコ、ワカメについて勉強中だそうです。

RIMG0531b.jpg
ポスター会場。たくさんの方が来られておりました。

RIMG0527b.jpg
ヒメハゼさんはマコガレイ稚魚に及ぼす塩分濃度の影響について発表されました。

RIMG0528b.jpg
タチバナナさんのタチウオの食性についての発表。多くの方からアドバイス等を頂いておりました。

ポスター発表の後、いよいよ自分の発表する時間が来ました。

RIMG0533b.jpg
イカナゴの飼育実験の結果を発表させて頂きました。緊張しました。

初日の発表は以上で、いったんお疲れ様ということでホテル近くの肉系居酒屋で乾杯しました。

RIMG0559b.jpg
肉汁溢れるお肉は最高でした。

RIMG0555b.jpg
トレーナーのサトシさん、カメラ向けた時は目開けてくださいね。

そんなこんなで水産学会の一日目が終了しました。
緊張からの解放か深い眠りに落ちました。

水産学会2日目

水産学会2日目はしげおさんの発表でした。
諸事情により写真はありませんが、落ち着いて余裕をもって発表される姿、かっこよかったです

2日目はしげおさんのみの発表で、夕方から資源と竹原の研究室の方達で飲み会が開かれました。


RIMG0572b.jpg
タチ男さんとナメラヤッコさんも来てくださりました。

RIMG0568b.jpg
竹原の方達のキメッキメのポージング。ありがとうございます。

大勢の方達で飲む非常に楽しい席となりました。
店の予約、手配等をしてくだっさた上Dさんありがとうございます。

水産学会最終日

発表は本日が最終日でした。

上Dさん、トレーナーさんが本日発表でした。


日本水産学会春季大会_7439b
タチウオ仔稚魚の日周鉛直移動についてポスター発表。今年も船での調査頑張りましょう!!

日本水産学会春季大会_7825b
カレイトレーナーさんによるイシガレイについてのポスター発表です。
現在カレイジム(臨海実験所)にて最後のバッジ(データ)ゲットを目指して奮闘中です。ファイト!!

今回、ぼくにとって初めて水産学会でした。1度経験している先輩たちは、やはり余裕がありましたね。
僕も来年度また発表する時は、今年よりもいい発表ができるようにがんばりたいと思います。

新しくM2になられた方は学会が終了しても、就活、実験等で走りまわっておられます。
いい結果をだせるよう頑張ってください!

僕も水産学会中に3キロも太ってしまったため、少しでも痩せるように頑張りたいですね。
では!!


あわじしま

2016年11月16日 (水) | 編集 |
どうも、皆さま初めまして。M2のマグマ日下部です。
11月3日に三重大学で行われた水産増殖学会に参加してきました。
ちなみに資源から水産増殖学会に参加することはそんなに無いそうで、今回は私1人だけ発表してきました。

私の発表題目は『飼育条件下におけるマコガレイ稚魚の摂食と成長に及ぼす水温の影響』です。
マコガレイの稚魚の成長や餌食いが異なる水温でどう変わるの?ってことを発表してきました。

図1

マコガレイの稚魚はこんなんです。


発表後の風景です。

RIMG2609.jpg

発表中言い間違う事もありましたが、人前で何かするのはいい経験ですね。


RIMG2611.jpg

冨山先生と記念撮影。


RIMG2612.jpg



先生方ともお話しさせて頂き、いろいろな経験が出来た学会でした。
このような機会があれば、卒業までにまた参加したいと思います。

以上でーす。
それでは~

マグマ日下部

2016年02月28日 (日) | 編集 |
お久しぶりです. サイトウ改めイレズミです.
アウトロー感がヤバいですが, 安心してください, イレズミとはこいつですよ⬇️

hu.jpg

さて, 昨日から今日にかけて, ぎんぽさん, ばんじょーさん, 私で第43回四国魚類研究会に参加してきました!
私はこの研究会に参加するのは3回目なのですが, 過去2回ともに魚類以外の発表者も多く, 今回も自分の発表に様々な意見がいただけるのではないかと期待でした!
また, 高知大学を卒業しているということもあり, 懐かしい面々にお会いできることも密かな楽しみとしていました^^

会場近くの道の駅で昼食をとる際に発見!
s.jpg

会場は名古屋...?
いえ, 愛媛県は西予です ("せいよ"です. "さいよ"ではありませんよ)!
西条 (こちらは"さいじょう"です. "せいじょう"ではありません) からは車で移動したのですが, 海越え山越えと大変な道のりでした.
しかしそれも全く関係なく, ぎんぽさんの運転テクにより難なく時間通り到着しました (運転お疲れ様でした).

s_we.jpg

会場や人数など, 規模は他の学会と比べてあまり大きくはありませんが, その分会場では密な議論が多くなされておりました!

広大も負けてはいられない! と発表に向けが全やる気が出てきましたが, 我々の発表は明日 (しかもトリ!) であったため, 初日は発表を聞くに専念しました.
個人的には, 高知大の後輩達が自分の学部時代よりもずっとすばらしい発表をしていたことや, イレズミハゼ属の最新の分類情報を詳しく知ることができ, 非常にうれしかったです^^

夜はお待ちかねの懇親会! 愛媛なので鯛が出てきたらうれしいなーなどと思っていたのですが...
gh.jpg

まさかのカニ鍋でした!!
もちろん美味でございました.
久しぶりに合う方はもちろん, 初めてお会いする方とも色々な話をすることができて非常に楽しかったです^^
高木先生をはじめとする愛媛大学農学部の方々が, 歓迎の意を込めて行なってくださった隠し芸的イベントも非常に楽しませていただきました (写真は控えさせていただきます. ご了承ください).

翌日, 天気にも恵まれ
rt.jpg
まるでリゾート地のような景色を部屋から眺めつつ, 2日目がスタートしました.
広大の発表題目は以下の通りです.

木村裕貴
dh.jpg
潮間帯に生息する魚類の一時的な陸上利用の実態とその要因

百戦錬磨とはこのことか! と思わせていただきました. 研究の面白みや新知見等を動画を交えて丁寧に説明してくださり, 会場が引きつけられているのが分かりました (広報等も丁寧にされていました, さすがです!).


齊藤洸介
a.jpg
イレズミハゼ Priolepis semidoliata における逆方向性転換に要するコストの検討

約1年振りの口頭発表でしたが, 緊張しすぎることもなく発表ができたと思います. これからやるべきことが多い研究だと思っているので, 多くの意見をいただけて本当に良かったです!


坂上嶺
df.jpg
口永良部島のフタスジリュウキュウスズメダイ~性転換について~

大トリということでしたが, 全く臆することなく堂々と発表されていました. 性転換になじみのない方も多い中, 非常に分かりやすく説明をされていました. 見習わせていただきます.


この四国魚類研究会は年度末に行なわれているということもあり, 卒論や修論の内容を発表されている方が非常に多かったです.
この学会が学生生活最後の学外発表となる人も多く, とても洗練された発表を聞くことができました.
また, 一人一人行なってきた研究は違いますが, それぞれが自分のできる全てを出し尽くして研究に向かっていたのだと感じることができました.
自分の研究がどのような結末を迎えるのかまだ分かりませんが, 妥協せずに努力をして, 来年のこの学会で満足のいく発表をしたいと強く思いました!

高木先生, 愛媛大学農学部の皆様, ありがとうございました!

s_qw.jpg
高知大学, 三重大学の方々と (逆光のため皆細目).
来年は高知で会いましょう!








最近ブログの更新頻度が高くて読んでいて楽しいです.
イレズミ



2016年02月16日 (火) | 編集 |
どうもB4のハセガワです、19日の卒論発表に向けてカタカタしてます

昨日はM2さんの修士発表がありました
素晴らしい内容でしたが、そちらは他のものが更新すると思うので割愛させていただきますー

さて今年度の魚生研は鹿児島で、わが研究室は車で鹿児島に向かうことになりました(8時間♡)

s-P2120210.jpg


前泊の熊本では、おいしいものをいっぱい食べ学会に向けてのエネルギーを補充しました

そして学会当日、広大からはポスター14人、口頭発表3人というとてもアガデミックな状態で
一つの部屋がほぼ広大になってました、すごい!

s-P2130223.jpg


終わった後は恒例の懇親会

s-S_3888601906322.jpg


僕も久々に縁のある長崎大学の方とお会いできてうれしかったです^^
学術的な話から砕けた話をできたのは僕も大人になってしまったなーと

修士なのに終始緊張していたtksさん

s-s-P2140234.jpg

解放されたのにぐったりしています
僕も人様に発表するのは本当に苦手なので
こういう場を経験して強くたくましくなりたいなと思います

ホストの鹿児島大学の学生さんはじめ、皆さまお疲れ様でした
とても楽しい研究会でした!



個人的にはなるのですが、来年自分のやりたいことを思いっきりしたいため
研究室を移動することになりました
こういう行事はおそらく最後になるので、なかなか感慨深いものがありました
本当にいいメンバーに囲まれて有意義な研究生活をできありがたく思います!
私は幸せに思うのでありました

s-魚生研28_16


ハセガワ



2015年12月07日 (月) | 編集 |
12月に入り西条は一段と寒くなってまいりました。
お久しぶりです、元い、初めまして。
M1のスズキです。
今年度から広大でお世話になっております。
昨年までは畜産の研究室に所属していました。
資源では坂井先生の下、コチの性転換を研究しております。
最近コチにそれなりの愛情を感じるようになりました(´_ゝ`)

それはさておき、先月11月20日から22日にかけて日本動物行動学会に行ってきました!
資源からは行動組のドクター1名、マスター7名、学部生4名の12名の参加です。
会場は東京海洋大学でした。
東京です。
東京といえば、ゆずの「レストラン」という曲が個人的に切なくておすすめです。

みなさん久しぶり?の東京ということもあり若干テンションが高く、東京に着くや否や皆どこかへ飛び散っていきました。
観光も学会遠征の醍醐味なのだと思います。
「東京とか俺が飲み込んでやるわ」と仰っていたtksさんも一瞬にして街に飲み込まれていきました。


そして学会当日。
行動学会はポスター発表とビデオ発表の2形式に分かれております(ほぼほぼポスターが多いです)。

まずはビデオ発表
資源からはぎんぽさんによる「タネギンポの半陸上生活:陸上ですることしないこと」の発表が行われました。
a6e20c47fe0693b848dca3cbedfb60691c155177std.jpg

さすがの百戦錬磨。堂々としておられました。

この他にもオオミズナギドリやアリなど様々な発表があり、見ている方々も映像に釘付けになっていました。
実際のありのままの動物の行動を見られることはそれだけインパクトも強く魅力的なのだと思います。
ワクワクしますしね(´∀`*)

そしてお次はポスター発表です。
発表者と研究題目は以下の通りです。

ばんじょーさん
「フタスジリュウキュウスズメダイにみられる隠蔽的な性転換」

tksさん
「ナメラヤッコ高密度個体群における社会構造と性転換動態」

ベニハゼさん
「再びオスに戻ったオキナワベニハゼの二次オスは一人前に産卵できるのか」

ニザダイさん
「典型的な藻類専門食魚二ザダイがみせる柔軟な採餌行動」

モリさん
「同居とつがい関係のねじれたルリスズメダイの複婚社会と性転換」

ハセガワ君
「シロウオの潜在的な生存能力と連続的複婚の可能性」

フジサワさん
「掃除魚に擬態するニセクロスジギンポは誰を何のためにだましているのか?」

エンドーさん
「イカナゴの潜砂習性と底質の選好性」

ポスター発表は前半後半に分かれ、発表者は自分のポスターの前で聴きに来てくれた方々に発表します。
聴き手側は多くの人の発表を自分の興味に応じて選択しつつ聴くことができ、発表者側も多くの人から質問や感想を得られることがポスター発表の強みだと思います。
自分の間で質問できるのも人見知りの僕には嬉しかったです|ω・`)

95c9ef9e54094975c07c95de0988429551ddb94cstd.jpg
先輩方は慣れているせいか発表に余裕が感じられました。
自分の研究に関する議論を楽しんでいるような気がしました(気のせいかもしれませんが)。

一方、学部生は今回が学会デビューだったようです!
緊張しながらも自分の研究内容についてわかりやすく伝えようと一生懸命頑張っていました。
自分が今まで努力してきたことについて知ってもらえる喜びは何物にも代えられないものだと思います。
5700a1bb8df9b33c4ab5e2482043e5bc45ee4e87std.jpg

e5f4c51a1d7af50e8635903d8d566383d812f6bdstd.jpg

先輩方も後輩たちもたくさんのフィードバックを得て、自分の研究に対する理解や考察をより深めることができたのではないでしょうか。
きっと素敵な修論や卒論を書いてくださることだと思います(*´v`)(プレッシャー)。
来年は僕も発表できるよう頑張ります汗



さてさて、行動学会ではもちろん魚以外にもゾウからアブラムシに至るまでさまざまな生物の発表が行われていました。
普段身近にいる動物や、昆虫、鳥たちの意外な一面を知ることができたのではないかと思います。
個人的には、ニワトリが朝一番に鳴く順番は社会順位によって決まっているという研究が面白かったです。
昨年あんなにお世話したのに気付かなかったよ。。。

動物であってもそれ以外でも、当たり前に自分たちの身近にある事象に、色眼鏡を外し、目をやることは大切なのだと思います。
あなたの隣にいるその動物、実はすごい生態を持っているかもしれません。。。(アンビリバボー風)


そんな感じで有意義な三日間を過ごすことができました(`・ω・´)!
最後に今学会を取り仕切って下さった、東京海洋大学の方々に感謝申し上げます。
それでは失礼いたします。
86b0c5116bef0c3a739ac4e5acdad138db6f42a4std.jpg