広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2016年11月15日 (火) | 編集 |

先日14日に五日市の楽々園干潟にて
サキグロタマツメタガイ(以下サキグロ)の卵塊の密度調査を行いました.
サキグロ?なにそれ?という方は過去記事の冒頭をご参照ください.
現在,M2のタマとB4のサヤカちゃんがサキグロをテーマに研究してます.

RIMG0152 (2)
昨年8月のタマ
最近また痩せたらしいです,飯食え

DSC03070.jpg
いつもキラッとしているサヤカちゃんですが

RIMG1494.jpg
干潟に降り立ってもその輝きは健在
オスたちの(サキグロの)視線をくぎ付けです



そんなわけで車を1時間ほど走らせ
楽々園に到着


RIMG1425.jpg
干潟に興奮気味の3年生と冨山先生

RIMG1440_20161115141436836.jpg
ギンポちゃん(♀)も手伝ってくれました
ウェーダーも似合います

RIMG1436.jpg
ミギタくんはドライスーツです,体幹を鍛えます

RIMG1447.jpg
干潟 GO

RIMG1452.jpg
楽々園,奥に見えるのは はつかいち大橋

RIMG1468.jpg
調査範囲をきめて歩きながら卵塊を探し密度を調査

RIMG1455.jpg
卵塊キャッチャー

RIMG1490.jpg


RIMG1475.jpg
沖へいくほど密度は減少傾向?


RIMG1556.jpg
採集した卵塊たち
いくつかは研究室に持ち帰り乾燥耐性の試験に使用します



調査のついでに生き物採集をしました



RIMG1482.jpg


RIMG1498.jpg
サキグロもいました,マテガイを捕食中

RIMG1533.jpg


RIMG1529.jpg
メバル稚魚がいました
アマモが群生している近くにいました(リリースしました)

RIMG1545.jpg
稚魚(不明,約1cm)
メバル?にしては顔が丸いような。。。勉強不足(リリースしました)

RIMG1530.jpg
干潟,いかがだっただろうか


約二時間で調査は終了しました


RIMG1553.jpg
GO BACK TO SAIJO


私自身久しぶりの楽々園で楽しかったです

干潟は白い砂浜やカラフルなサンゴ礁と比べると茶色いし地味ですが
アサリやバクテリアなどによって水質が浄化されたり
様々な生き物に生息域や産卵場として利用されているので
見た目のわりに大事な役割を担ってますよね.

何はともあれ実際に現場に行ってみてその感じを掴むことは大事かなと.



RIMG1451.jpg


それでは

しげお

2016年11月07日 (月) | 編集 |
お久しぶりです、イカナゴ君ことあわじしまです。
イカナゴが夏眠し僕も夏眠していたら、あっという間に卒論の時期が迫ってきていました。
次は冬眠しようと考えていた僕ですが、なかなか眠れなさそうです....。

というわけで遅くなりましたが、8月に行われたエラブ魚類相調査について書かせていただきます。

今回の調査はギンポさんの旗振りのもと、資源鹿児島大学三重大学宮崎大学の4大学から計20名近くの方達が集まり行われた調査になります。

erabu.jpg
今回の調査で初めてエラブを訪れました。

kimurasan.jpg
しっかり作戦会議をしてから

DSCN0359.jpg
潜り部隊や

DSCN0300.jpg
釣り部隊に各自別れて調査を行いました。

DSCN0320.jpg
調査で捕られた魚を標本へ

DSCN0382.jpg
標本作りのスペシャリストの方々による標本。芸術ですね。

DSCN0395.jpg
調査期間中には島の子供たちを招いて勉強会も開かれました。

DSCN0425.jpg
みんな真剣に取り組んで、上手に鰭を立てていましたね。

DSCN0452.jpg
最後に、おさかな博士たちによるお話で締めをくくっていただきました。

DSCN0552.jpg
上D料理長の気合の入った料理。毎日ありがとうございました。

8月に行われた調査は謎のブーメラン台風に翻弄されながらも、
無事に終えることが出来ました。
今回の調査を何不自由なく行えたのも島の方達の支え、ご協力があったからこそです。
本当にありがとうございました。

また共に調査に携わってくださった鹿児島、宮崎、三重大学の皆様のおかげで
何不自由なく調査でき、標本作成などで色んなことを学べたと思います。
ありがとうございました。

調査は一通り終えましたが、写真の加工などまだまだやることはたくさん残っているので、
頑張っていきましょう!!

えらぶ集合写真

では!

あわじしま






2016年04月27日 (水) | 編集 |

ご無沙汰してます!
ぎんぽです。

先週から1週間、豊潮丸の航海に行ってきました。

今回は資源の航海ではなく、水産増殖のうみの研の航海でした。
研究室を率いるのは釣り番組や雑誌などでもおなじみの海野徹也先生。
うみの研はチヌやアオリイカの研究で有名ですが、釣りキチな学生が集まることでも知られています。

そんな研究室の航海はもちろん釣りによる魚類採集調査!
行き先は五島列島の南部、福江島です。
今回はうみの研に加え、水族生理、海洋生物資源化学、資源、そして三重大学の学生とバラエティに富んだ布陣で挑みました。

シケの影響で半日ほど停滞しましたが、天候が回復するタイミングで一気に前進。
(夜はかなり揺さぶられて続々と脱落者が…)

th_P4210419.jpg 

th_P4250468.jpg 

日中は暖かく、甲板での日向ぼっこが心地いい…

そんなこんなで福江島!

うみの研と三重大は沖磯でのグレ釣り、堤防でのチヌ釣りに分かれてサンプリング。

th_P4220425.jpg 

撒き餌を作る光景は資源ではなかなか見れないので、さすがフカセ師たちの集まりだなぁと。


その他の面々は堤防での五目釣りや小型ボートでの沖釣りに出かけました。
潮の状態はあまりよくはなさそうでしたがそれでも釣れます。

th_P4230454.jpg 

マトウダイ、釣れているのを生で見るのは初めてでした。

th_P4230455.jpg 

綺麗で型の良いアカハタ。

th_P4230452.jpg 

なかなかお目にかかれないサイズのアコウも。

磯、堤防組もしっかり釣れていました。

th_IMG_2265.jpg 

th_IMG_2252.jpg


もちろん釣るだけではありません。

th_P4210417.jpg 
大型個体の眼と脳を摘出し、構造の観察に用いるようです。

グレは解剖用に、その他釣れた魚の出現状況を記録していきます。
同時に様々な研究を行えるのも豊潮丸航海の利点です。


th_IMG_2261.jpg 

もちろん夜は釣れた魚の刺身が並びます。
これも航海の醍醐味。

th_P4220443.jpg 

福江島名物、鬼鯖寿司。
絶妙な酢加減と米よりもぶ厚い身。
絶品なのでぜひ現地でご賞味ください…

福江島を出港後、壱岐島周辺での魚類採集。

th_IMG_2274.jpg 

根魚連発でした!
ヒラマサも2本ほど。

学生はもちろん、ほとんどの船員さんたちも竿を出されていて、同時に13本ほど並ぶことも。
th_IMG_2278.jpg 

th_P4250470.jpg 


給水のために博多港に寄港。
みんなが博多の街に出ていくなか、フカセ師はストイックにチヌ狙い。

th_IMG_2230.jpg 

th_IMG_2228.jpg 

アカエイが釣れてました。
軟骨魚類を追加できて、感謝感謝です。

瀬戸内へ入る前に蓋井島周辺でも調査を行いましたが、ここでは芳しい成果は得られず、五島の凄まじさを痛感。

そんな1週間でした。

複数の研究室での航海は資源航海とはまた違う雰囲気で楽しかったです。
皆さんありがとうございました!

th_IMG_2286.jpg 



2016年02月08日 (月) | 編集 |
お久しぶりです。
アワジシマです!!

またお前かと思ったかもしれませんが、お付き合いください。

ではでは

20160201_063428587_.jpg
行ってきました高知県。
今回は、タイドプールの調査ということで、ギンポさんSAITOさんハセガワさんぼくの4人で2泊3日かけて調査に行きました。

以前から嵐を呼ぶ  と言われていたギンポさんのサンプリングでしたが

S__28213253.jpg
初日から綺麗な夕陽を見ることが出来ました。

宿舎は土佐清水市にある研究施設じんべえ館に泊まりました。

施設の近くは漁港で、常夜灯が水面にさしていたので、ワームを投げると...
20160131_141523671_iOS.jpg
高知県第一号はオオスジイシモチでした。

メバルを釣る感覚で釣ることが出来ました。

そして、サンプリングのほうですが、SAITOさんのご指導のもと
P2010319 ブログよう3


P2010327.jpg
2日目のサンプリングにて、タネギンポにホシギンポたくさん出てきました!!

そして、高知と言えど冬場はやはり冷える。
ということで

20160201_090753734_iOS.jpg
This is 銭湯的な銭湯へ

男同士の裸の付き合い...良いものですね!!

温まったところで
S__28213254.jpg
清水のサバ刺しは間違いないですね!!

その他にも、マンボウの天ぷら、うつぼのタタキなど普段食べることの無い魚を食べることができて幸せでした!!

そして、サンプリングも終わり西条に帰る途中で寄ってきました

20160208_013608000_iOS.jpg
ギンポさん、SAITOさんの母校高知大学

ギンポさん、SAITOさんが研究室に挨拶に行っている間、ハセガワさんと僕は研究室の方に紹介され標本室へ。

20160202_062725463_iOS.jpg
深海魚が見たいということで、リュウグウノツカイを。
魚には見えませんね。

その他深海魚だけでなく、イカナゴなどの身近にいる魚の標本もありました。

一通り標本を見させてもらい、別れの挨拶がすんだところで高知大を去りました。


今回の2泊3日のサンプリング、初めてのタイドプールということで多くのことを学ぶことが出来ました。
また、怪我をすることなく、風邪をひくことなく終えれたのも良かったのではないかと思います。
また機会があれば参加してみたいです!!

では!!
S__28213259.jpg

アワジシマ

2015年10月22日 (木) | 編集 |
こんにちははじめまして、学部四年生のハセガワです
坂井先生のもとで踊り食いで有名なシロウオについて研究しております

さて三週間前にもなりますが、我が水圏資源の研究室は南洋航海に行ってまいりました
今回は噴火のために避難された口永良部島の方々のと交流がメインの航海でした
初めに永良部キッズとのシュノーケル講習

s_s_PA030057.jpg


みんな慣れない機材をつけて屋久島にどんな魚がいるか興味津々でした

また豊潮丸の船員さんに案内してもらい船の中の構造を教えていただきました
s_s_PA050102.jpg

s_s_PA050097.jpg



気分は船長さんですね^^
みんな船の中の様子は初めてのようで、しきりに興味をもってくれて僕としてもうれしかったです


また永良部キッズの釣り体験もありました
なかなか釣れなくて残念でしたが
住んでいる屋久島にどのような魚がいるかを触れることができとてもいい勉強になったと思います^^

s_PA050121.jpg


そしてそのあとはお待ちかねのBBQ大会!
s_s_PA050143.jpg


s_s_PA050159.jpg


キッズ達はとても元気で食べた後すぐに遊びに行ってしまいました!
本当に元気です、僕も昔はあんなけ元気だなぁと思ってしみじみしました。

永良部の方は本当に気さくな方が多く僕自身初めてお会いしましたが、本当によくしてくれました
楽しいとお酒もすすみますよね??
そんなこんなでお酒を飲みすぎてしまい・・・
気づいたら僕はベットの上でしたすいません…



また交流の他にも、屋久島周辺で魚類サンプリングを行いました。

s_PA040072(1).jpg

いろいろな魚を釣り上げこの後で紹介する俺ゼミで同定しました

7日間という長いようで短い航海でしたが、僕としてもとても貴重な体験をすることができとてもよかったです
永良部の方たちもより早く島に帰られることを切に思いました


来年の航海は永良部に!ヨーソロー!