FC2ブログ
広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018年06月20日 (水) | 編集 |
最近は梅雨でじめじめした天気が続いてますね。
どうもカレイです。

私はイシガレイとマコガレイの2種類のカレイについて、干潟をフィールドにして研究をしています。
干潟は様々な生物が生息する生物多様性の高い環境です。
私は呉市の二河川、広島市の三筋川、竹原市の賀茂川の河口に形成される干潟で3〜6月にかけてカレイ調査を行いました。

石まこ 
この写真をみてどちらがイシガレイでどちらがマコガレイか分かりますか?


正解は左:マコガレイ 右:イシガレイでしたー
この写真の稚魚は違いがはっきりしていて分かりやすいですが、もう少し小さい稚魚になると同定も大変です。
こんな稚魚を採集することを目的として、調査を行っています。

干潟で調査を行なっていると、カレイ以外にも様々な生物に出会うことができます。
今回はそんな生物たちについて紹介したいと思います。

RIMG2245_201806201934191eb.jpg 
この稚魚は何か分かりますか?
これはヒゲソリダイというイサキ科の魚類の稚魚です。
夏に産卵する種類らしく、もうすぐ1歳になる個体ですね。
5cm程の大きさだったのでずいぶん成長が遅い魚みたいですね。

higesoridai-2.jpg 
ちなみにこれが成魚の写真です。
稚魚のときは真っ黒だった体色も成魚になると薄くなるみたいです。


三筋川の楽々園干潟でも様々な生物がいました。

RIMG2285_20180620193615239.jpg 

RIMG2284_20180620193612c08.jpg
上の写真は右からヒメイカ、ヨウジウオ、アイナメ?です。
下の写真はアイナメのアップです。
たも網でカレイ採集を行っているとこんな生き物たちも採れます。

RIMG2380_20180620194042290.jpg 
脱皮したてのガザミです。触ってみるとプニプニしててまだ柔らかかったです。
ムシロガイ?がたくさん群がっており、脱皮後の無防備なとこを狙っていたみたいです。

RIMG2290_201806201938597d4.jpg 
ナマコの仲間らしきもの、種類は分かりませんでした。

RIMG2534_2018062019390639d.jpg 
アオサに打ち上げられたメバル稚魚。
6月頃になるとアオサが大量発生してグリーンタイドを形成するので大変です。

RIMG2530_20180620193907eba.jpg 
こんな物体も落ちてました。何か分かりますか?

ヒントは・・・
IMG_4056_201806201936171c0.jpg 
近くにこんなものが落ちてました。



もう気付いた人もいるかもしれませんね。
あれはカミナリイカ (モンゴウイカ)の卵でした。初夏に産卵する種類らしいです。
近くに落ちていた甲羅は産卵後、死亡した個体のものだったんでしょうか。

その後も干潟を歩いていると・・・
RIMG2535_201806201939015ba.jpg 
なんとカミナリイカ がいました。
おそらく産卵が終わって、力を使い果たしたんでしょう(ちなみに持ち帰り美味しく頂きました)


賀茂川のハチ干潟も様々な生物がいました。

RIMG2385_2018062019421962f.jpg 
賀茂川で一番最初に見かけるのはこのモクズガニです。
初めてみると大きいカニなのでびっくりします。

川でたも網で探っていると・・・
RIMG2538_20180620194231f9c.jpg 
お腹ぱんぱんのチチブらしきものが採れました。

さらに
RIMG2536_20180620194224cde.jpg
クロダイの稚魚らしきものもたくさん採れました。
川で稚魚を見かけるのは珍しいそうです。

海の方で探っていると・・・
RIMG2540_201806201942277ad.jpg 
カレイが採れた!と思いきや顔の向きや口の形が違う。
そうですヒラメです。6月にもなるとヒラメも出現するみたいです。

RIMG2543_20180620194225b0f.jpg 
アカエイもいました。毒針があるので危険ですね。
干潟にはこういった危険な生物もいるので気をつけないといけないです。


最後に賀茂川の付近にこんな生物が・・・
RIMG2547_2018062019422001e.jpg
ハクビシン?アナグマ?イタチ?それとも野犬?
正解は脱毛したタヌキでした。初めてみたのでびっくりしました。


このように干潟には様々な生物が生息しており、生物多様性の高い環境であると実感しました。
今年のカレイ調査はこれで終わりですが、今回得られたデータでいい研究結果が出せたらいいなと思います。

それでは!



スポンサーサイト

2017年10月16日 (月) | 編集 |
こんにちは、初めまして資源組4年のマコガレイ(ビギナー)です
最近はベントスのソーティングをする日々を過ごしてます

さっそく本題に入りますが、10月3日〜9日の1週間瀬戸内海の温暖化影響調査航海として豊潮丸に乗船してきました
今回の調査では資源メンバーだけではなく、倉敷芸術大、山口県水産センター、東芝デバイスからゲストの方々も乗船され、計15名での航海となりました

今回は、魚類相の調査を目的として瀬戸内海から宇和海までの各地点で釣りを行い、どこにどんな魚類がいるか調査を行いました

瀬戸内航海10月_2032 

調査地は港なので小型ボートに乗って行きました どんな魚が釣れるかわくわく

瀬戸内航海10月_8396 

エサ釣りではベラがたくさん釣れました
宇和海ではホシササ、アカササが大量に釣れてたのに対し
瀬戸内海に入るにつれてキュウセンやホンベラが増えていくのが特徴的でした
フカセ組ではグレも釣れてました あわじしまさんいい表情ですね

瀬戸内航海10月_1919 

船からも色んな魚が釣れました、サバは爆釣でしたね

瀬戸内航海10月_9016

タマさんはイトヨリを釣ってました、綺麗な側線です

瀬戸内航海10月_6480 

瀬戸内航海10月_7388 

タモでダツをすくったりもしていました、すごいテクニックです

釣れた魚の胃内容物も見てみましたがイカナゴは出てこなかったみたいですね残念

瀬戸内航海10月_885 

瀬戸内航海10月_5427 

魚類調査だけでなく環境DNAの調査も並行して行いました
沖底層、沖表層、岸の三地点をバンドン採水器を用いて採水し調査しました
僕自身も手伝わさせてもらいましたが
環境DNAの調査はしたことがなかったので貴重な経験になりました


港に寄港したときは美味しい食事や銭湯などを満喫しました

瀬戸内航海10月_1350 

宇和島での鯛めしは美味しかったですね

瀬戸内航海10月_5116 

アルバムのジャケットっぽい銭湯帰りの一枚

瀬戸内航海10月_1467 

資源恒例のカタン、1人勝ちが続いて皆さん不満そうです

瀬戸内航海10月_165 

青島の猫可愛かったですね

今回は6泊7日という長い航海でした
サンプリングでは各地点によって釣れる魚がだんだんと変化していく様子が観察でき面白かったです
個人的には魚のバラしが多かったのでもっと釣りをうまくなりたいと思いました

11月にもまた同じような魚類相の調査の航海を行う予定ですので頑張りたいと思います
ありがとうございました!








2016年11月15日 (火) | 編集 |

先日14日に五日市の楽々園干潟にて
サキグロタマツメタガイ(以下サキグロ)の卵塊の密度調査を行いました.
サキグロ?なにそれ?という方は過去記事の冒頭をご参照ください.
現在,M2のタマとB4のサヤカちゃんがサキグロをテーマに研究してます.

RIMG0152 (2)
昨年8月のタマ
最近また痩せたらしいです,飯食え

DSC03070.jpg
いつもキラッとしているサヤカちゃんですが

RIMG1494.jpg
干潟に降り立ってもその輝きは健在
オスたちの(サキグロの)視線をくぎ付けです



そんなわけで車を1時間ほど走らせ
楽々園に到着


RIMG1425.jpg
干潟に興奮気味の3年生と冨山先生

RIMG1440_20161115141436836.jpg
ギンポちゃん(♀)も手伝ってくれました
ウェーダーも似合います

RIMG1436.jpg
ミギタくんはドライスーツです,体幹を鍛えます

RIMG1447.jpg
干潟 GO

RIMG1452.jpg
楽々園,奥に見えるのは はつかいち大橋

RIMG1468.jpg
調査範囲をきめて歩きながら卵塊を探し密度を調査

RIMG1455.jpg
卵塊キャッチャー

RIMG1490.jpg


RIMG1475.jpg
沖へいくほど密度は減少傾向?


RIMG1556.jpg
採集した卵塊たち
いくつかは研究室に持ち帰り乾燥耐性の試験に使用します



調査のついでに生き物採集をしました



RIMG1482.jpg


RIMG1498.jpg
サキグロもいました,マテガイを捕食中

RIMG1533.jpg


RIMG1529.jpg
メバル稚魚がいました
アマモが群生している近くにいました(リリースしました)

RIMG1545.jpg
稚魚(不明,約1cm)
メバル?にしては顔が丸いような。。。勉強不足(リリースしました)

RIMG1530.jpg
干潟,いかがだっただろうか


約二時間で調査は終了しました


RIMG1553.jpg
GO BACK TO SAIJO


私自身久しぶりの楽々園で楽しかったです

干潟は白い砂浜やカラフルなサンゴ礁と比べると茶色いし地味ですが
アサリやバクテリアなどによって水質が浄化されたり
様々な生き物に生息域や産卵場として利用されているので
見た目のわりに大事な役割を担ってますよね.

何はともあれ実際に現場に行ってみてその感じを掴むことは大事かなと.



RIMG1451.jpg


それでは

しげお

2016年11月07日 (月) | 編集 |
お久しぶりです、イカナゴ君ことあわじしまです。
イカナゴが夏眠し僕も夏眠していたら、あっという間に卒論の時期が迫ってきていました。
次は冬眠しようと考えていた僕ですが、なかなか眠れなさそうです....。

というわけで遅くなりましたが、8月に行われたエラブ魚類相調査について書かせていただきます。

今回の調査はギンポさんの旗振りのもと、資源鹿児島大学三重大学宮崎大学の4大学から計20名近くの方達が集まり行われた調査になります。

erabu.jpg
今回の調査で初めてエラブを訪れました。

kimurasan.jpg
しっかり作戦会議をしてから

DSCN0359.jpg
潜り部隊や

DSCN0300.jpg
釣り部隊に各自別れて調査を行いました。

DSCN0320.jpg
調査で捕られた魚を標本へ

DSCN0382.jpg
標本作りのスペシャリストの方々による標本。芸術ですね。

DSCN0395.jpg
調査期間中には島の子供たちを招いて勉強会も開かれました。

DSCN0425.jpg
みんな真剣に取り組んで、上手に鰭を立てていましたね。

DSCN0452.jpg
最後に、おさかな博士たちによるお話で締めをくくっていただきました。

DSCN0552.jpg
上D料理長の気合の入った料理。毎日ありがとうございました。

8月に行われた調査は謎のブーメラン台風に翻弄されながらも、
無事に終えることが出来ました。
今回の調査を何不自由なく行えたのも島の方達の支え、ご協力があったからこそです。
本当にありがとうございました。

また共に調査に携わってくださった鹿児島、宮崎、三重大学の皆様のおかげで
何不自由なく調査でき、標本作成などで色んなことを学べたと思います。
ありがとうございました。

調査は一通り終えましたが、写真の加工などまだまだやることはたくさん残っているので、
頑張っていきましょう!!

えらぶ集合写真

では!

あわじしま






2016年04月27日 (水) | 編集 |

ご無沙汰してます!
ぎんぽです。

先週から1週間、豊潮丸の航海に行ってきました。

今回は資源の航海ではなく、水産増殖のうみの研の航海でした。
研究室を率いるのは釣り番組や雑誌などでもおなじみの海野徹也先生。
うみの研はチヌやアオリイカの研究で有名ですが、釣りキチな学生が集まることでも知られています。

そんな研究室の航海はもちろん釣りによる魚類採集調査!
行き先は五島列島の南部、福江島です。
今回はうみの研に加え、水族生理、海洋生物資源化学、資源、そして三重大学の学生とバラエティに富んだ布陣で挑みました。

シケの影響で半日ほど停滞しましたが、天候が回復するタイミングで一気に前進。
(夜はかなり揺さぶられて続々と脱落者が…)

th_P4210419.jpg 

th_P4250468.jpg 

日中は暖かく、甲板での日向ぼっこが心地いい…

そんなこんなで福江島!

うみの研と三重大は沖磯でのグレ釣り、堤防でのチヌ釣りに分かれてサンプリング。

th_P4220425.jpg 

撒き餌を作る光景は資源ではなかなか見れないので、さすがフカセ師たちの集まりだなぁと。


その他の面々は堤防での五目釣りや小型ボートでの沖釣りに出かけました。
潮の状態はあまりよくはなさそうでしたがそれでも釣れます。

th_P4230454.jpg 

マトウダイ、釣れているのを生で見るのは初めてでした。

th_P4230455.jpg 

綺麗で型の良いアカハタ。

th_P4230452.jpg 

なかなかお目にかかれないサイズのアコウも。

磯、堤防組もしっかり釣れていました。

th_IMG_2265.jpg 

th_IMG_2252.jpg


もちろん釣るだけではありません。

th_P4210417.jpg 
大型個体の眼と脳を摘出し、構造の観察に用いるようです。

グレは解剖用に、その他釣れた魚の出現状況を記録していきます。
同時に様々な研究を行えるのも豊潮丸航海の利点です。


th_IMG_2261.jpg 

もちろん夜は釣れた魚の刺身が並びます。
これも航海の醍醐味。

th_P4220443.jpg 

福江島名物、鬼鯖寿司。
絶妙な酢加減と米よりもぶ厚い身。
絶品なのでぜひ現地でご賞味ください…

福江島を出港後、壱岐島周辺での魚類採集。

th_IMG_2274.jpg 

根魚連発でした!
ヒラマサも2本ほど。

学生はもちろん、ほとんどの船員さんたちも竿を出されていて、同時に13本ほど並ぶことも。
th_IMG_2278.jpg 

th_P4250470.jpg 


給水のために博多港に寄港。
みんなが博多の街に出ていくなか、フカセ師はストイックにチヌ狙い。

th_IMG_2230.jpg 

th_IMG_2228.jpg 

アカエイが釣れてました。
軟骨魚類を追加できて、感謝感謝です。

瀬戸内へ入る前に蓋井島周辺でも調査を行いましたが、ここでは芳しい成果は得られず、五島の凄まじさを痛感。

そんな1週間でした。

複数の研究室での航海は資源航海とはまた違う雰囲気で楽しかったです。
皆さんありがとうございました!

th_IMG_2286.jpg 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。