広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2016年02月18日 (木) | 編集 |

お久しぶりです!B3のエンドーです。

今回は1か月前に行われた俺ゼミの報告をしたいと思います。
順番が前後してしまってすみません!

俺ゼミはマスターさんやドクターさんが自分の研究や趣味に関する事柄で、
後輩に伝えたいと思うことを発表するゼミです。

俺ゼミは普段は資源の先輩方が行っていますが、今回は鹿児島大学から来学された
小枝さんによる俺ゼミです。

IMG_9559(1).jpg

小枝さんは琉球大学の出身で、現在は鹿児島大学総合博物館で研究員をされています。

ゼミでは小枝さんがハタンポや魚類相を研究するに至った経緯や実際の研究の様子などを
写真を交えながら話してくださいました。

IMG_9566(1)


ハタンポの行動や生活史を研究していく中で、偶然、分類のわからないハタンポが見つかり、それが分類を始めるきっかけになったそうです。

IMG_9570(1).jpg

ハタンポの標本を求めて世界一周博物館めぐり
行く先々で妙に現地に馴染んでいる小枝さんが印象的でした!

IMG_9580(1).jpg

最近ではハタンポ以外にも日本各地の島で魚類相調査なども行っています。
その1つ、与那国島の魚類相調査では広島大学からも3人が同行し、一緒に調査を行いました。


小枝さんは研究対象とする魚種・分野・地域を幅広く展開していて、このゼミを通して様々な研究のおもしろさ・大変さを知ることができました。と同時に次々と新しいことに挑戦していく積極さに感服しました。


小枝さん、楽しくそして有意義なお話を聴かせていただいて本当にありがとうございました!


エンドー


2015年10月22日 (木) | 編集 |
最後にこんにちわ、ハセガワです
タイムリーですが昨日俺ゼミがありました


俺ゼミとはなんぞや!?!?という方のために少し紹介します


俺ゼミとはマスターさんやドクターさんが自分の強みである分野を紹介しただける時間のことです
資源には様々な先輩がおられて去年も非常にためになるゼミをしていただきました


今回はギンポさんの『魚の分類について』というテーマでした

s_IMG_1324.jpg



皆さん知られてると思われますが、ギンポさんは学部生時代高知大学で分類をやっている研究室に在籍されておりました
南洋航海で釣ったサンプリングと豊潮丸でGOBU=DELさんが釣ったサンプリングのひれたてと同定というのがゼミ内容でした
僕自身も日本に4200種ほど魚類がいるということを知り
改めて魚類の多様性を感じました

ゼミが終わり、ギンポさん直属の後輩のサイトーさんから魚の保存方法についてレクチャーして頂きました^^

s_IMG_1724.jpg


ものすごく丁寧で分かりやすかったです
三年生もどのように標本にされていくか分かったと思います
僕自身もまだまだ魚を同定するスピードが遅くて、改めて先輩の知識量に驚かされました


これからやっていただく俺ゼミも楽しみですね^^
僕も後輩に伝えれるくらいの研究をしていきたいと思ったハセガワでした

2015年03月10日 (火) | 編集 |
 
ぎんぽです。
今日はとんでもなく寒いですね。
この記事を書いている15:50時点で西条の気温は-1℃、雪が舞っております。
さすがにこんな冷え込みは今シーズンこれで最後でしょう…



さて、先日俺ゼミを開催しました!
今回の担当はマンボウさんです。

誰もがマンボウのお話かと思いきや、
「マンボウの話は個人的にでも話せるから」
ということで、

「研究生活とお金」

というなかなかヘビーなお話になりました。

th_P3091039.jpg


多くの学生がお世話になっている「奨学金」

さらなる研究の発展のために欠かせない「研究助成金」

さらに上のステージの「学振」


マンボウさんのこれまでの経験を踏まえたお話になりました。


th_P3091041.jpg


研究には当然コストがかかります。
(お金をかけたから良い研究になるわけでもないですが)
研究室からの援助がある場合もありますが、そうでないケースも多々あります。
自分で研究費を獲得することで、可能性が広がり、研究に対するモチベーションが上がり、
何よりも「自分の研究は面白いんだ」と自信をもてます。
さらに、研究費を獲得するには自分の研究の面白さをしっかりと第三者に伝える必要があるので、
研究についてしっかりと考える良い機会にもなるのです。

マンボウさんの研究も奨学金や研究助成金があったからこそ発展しているわけですね。
決して簡単な道ではないですが、マンボウさんを見習ってぜひチャレンジしてほしいですね。


普段は見せないマンボウさんの研究者としての一面を垣間見れたんじゃないでしょうか?
皆さんもう少し尊敬の念をもちましょうね!!!



マンボウさんのゼミ後、他研究室の豊潮丸航海や3年生の乗船実習で採れたサンプルの同定大会もありました。
なかなか難易度の高いものが混ざっていてみんな苦労していましたが…

th_P3091044.jpg

th_P3091045.jpg

th_P3091047.jpg


良い勉強になったんじゃないでしょうか!



すっかり卒論発表会についてお伝えするのを忘れていましたが…
そのうち誰かがアップするのでしばしお待ちを!


ぎんぽ


2015年01月13日 (火) | 編集 |

2015年最初の俺ゼミが行われました。
新年トップバッターを務めるのはレンジさんです!

タイトルは
「岩城島沿岸域における魚類相調査と安定同位体のおはなし」

th_IMG_8149.jpg


まずは岩城島の魚類相について。
岩城島はレンジさんの故郷であり、生まれ育った島で何か研究がしたい、という思いでこの研究を行いました。
毎月の釣りサンプリングは研究室メンバーも良い思い出です。
厳寒期の釣れなさには本当に参りました…


修論ではこのテーマを発展させて、安定同位体を用いた魚類群集的な研究を行っています。
その安定同位体についての簡単なレクチャーもありました。

th_IMG_8151.jpg


理解するのが少し難しい安定同位体、でも武器にするととても心強そうです。
これから他研究機関に出向いて解析を行うそうで、どのような結果が出るか非常に楽しみですね!


後輩たちも、普段酒瓶を抱えているイメージのレンジさんがどんな研究をしているかがよくわかったのでは??笑

レンジさん、ありがとうございました!


次回はばんじょーくんによる潜水調査の紹介です。
お楽しみに!


(今月はゼミが目白押しです)
ぎんぽ


2014年11月13日 (木) | 編集 |
ばんじょーです!久しぶりの更新になりますね。

ちょっと前の話になりますが、俺ゼミがスタートしました!
俺ゼミとは資源の先輩たち(マスター以上)が、各自の得意分野について後輩たちにレクチャーするものです。

一応、一昨年からやってるんですけど、去年は諸々の事情でできなかったんですよね、、、、。

そんな久しぶりのゼミのトップバッターを務めるのは ぎんぽさん です!
IMGP0892.jpg

タイトルは魚類の分類と標本作製。魚とはどんな動物なのか?分類の意味とは? など意外とすぐに答えられないことが多いことに気づかされる内容でした。
座学の次は実際に魚類検索図鑑を用いての種の同定
IMGP0897.jpg

3年生は初めて使うということもあってなかなか苦戦していました。
確かに難しいんだよね。この図鑑。

お次は、標本の作成ですが、ここでスペシャルゲスト登場。
IMGP0898.jpg

来年4月より資源に加入してくれる 高知大学4年生のS藤くん による標本作製レクチャーです!
いきなりの配役にも関わらず完璧にこなしてくれました。(ありがとう!)

そしてできた標本がこちら!
IMGP0899.jpg
爪楊枝や虫ピンでヒレ立てをしております。こうやってすべてのヒレの形がわかるようにするのが大事なんだとか
カマスの頭が若干ひん曲がっちゃってるのは冷凍のときにうまくいかなかったということで(笑)
IMGP0903.jpg

魚を扱う資源らしい今回のゼミ。3年生たちも楽しいと好反応でした。
不定期ではありますが、今後も開催しますのでどんどんいろんなことを吸収してください!


確か次のゼミはレンジ姉さんが担当だったような、、、、?


(今日の冷え込みは半端ないっス)
ばんじょー