広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
| Login |
2014年01月22日 (水) | 編集 |
ふと思い立って、エラブに行ってきました!

エラブ組は通例5月から10月末の期間島に滞在します。
これは、多くの魚が繁殖行動をみせる期間であるため、海況が安定している期間であるためです。
秋に近づくにつれて風が北寄りに変わっていき、冬の間は毎日のように北風が強く吹き、海もシケ続きとなるわけです。
また、海水温が下がることでサメ類が浅場に上がってくるようになるのです。
こうした理由から、冬にエラブを訪れる資源メンバーはほとんどいないのです。
(KOBUさんが昨年の正月に行ってましたが)

しかし、エラブで研究をしている以上は、冬のエラブがどんなものかを実際に確かめておく必要があります。
そういうわけで、2週間のエラブ行きを決行したのです。

島へ渡る唯一の交通手段であるフェリー太陽は昨年末の事故で修理中のため、漁船による代船で島に渡りました。
定員12名いっぱいいっぱいで危うく渡れないところでした…

当然のことながらエラブも冬。
つまり島の人達も冬の格好をしています。
これが一番の衝撃でした。笑
夏場は半袖サンダルで真っ黒に日焼けしてるのに、皆さんしっかり防寒…
島の名物おじいさんことターザンさんですら、夏のパンツ一丁スタイルを封印して、トレーナーを着ていました。笑


島に着いた日はちょうど鬼火焚きの日でした。

140107-171133_R.jpg


昨年の破魔矢やお守り、門松なんかを燃やす行事ですね。
地域によっては「とんど」とも呼ばれていますね!

140107-172049_R.jpg


鬼火焚きのおかげで、島の多くの方々に挨拶をすませることができました。笑



さて、冬のエラブで何をやっていたかというと…



140111-163446_R.jpg



そうですね。
だいたい釣りです。
これはホウキハタ Epinephelus morrhuaです。
水深100mでジグに食ってきました。
(ルアー釣りについては過去記事参照)

カンパチ狙ってたんですけどねぇ。。。



とはいっても、ほとんどシケていたので船で沖に出たのは数えるほどです。

釣りは釣りでもただの遊びではなく、漁の手伝いと深海に生息する魚類の調査を兼ねたものです!(ということにしておいてください)


今回は主に水深400mのところを狙いました。
エラブ周辺海域は非常に急深で、陸から少し離れるだけで数百mも水深が落ちていきます。
水深が落ち込む、いわゆるカケアガリが多く点在するために釣りポイントも多いのです。



140117-093554_R.jpg


餌はイカを短冊に切って、塩とワタを混ぜたもの。
つまり塩辛です。
人間が食べても害はないはずです。
本来は日本酒で香り付けなんかをするのですが、エラブに日本酒はないので、お馴染みの焼酎、三岳を混ぜてみました。笑


これをハリにつけて400mまで落とし込み、ラインを触りながらアタリを待ちます。
このアタリをとるのが難しい…
魚が掛かると、ラインを巻き上げます。
が、リールで400mも巻いてたら腕がおかしくなるので、釣り機を使って巻き上げます。

140113-152551_R.jpg


するとこんな魚たちが


140113-154510_R.jpg

上がムツ Scombrops boops
下がクロシビカマス Promethichthys prometheus
大きな目に大きな口、いかにも深海の魚ですね!
ムツはこの釣りの本命で、高値で取引されます。
クロシビカマスはナワキリと呼ばれており、この鋭い歯でラインを切ってしまう困った奴です。
味は悪くないんですが、小骨が多い…


他にもこんな奴も

140117-143236_R.jpg



イカでイカが釣れました。笑
マツイカやバカイカと呼ばれていますが、本当の名前はなんなんだろう。。。


140117-174452_R.jpg

この写真のスッテと呼ばれるイカ釣り用の道具を試しに投下してみると・・・





140117-124428_R.jpg



釣れちゃいました。


スッテもまさか400mに落とされるなんて考えもしなかったでしょうね。
400m引き上げられてもスッテを離さないイカもイカですが。。。笑


深海釣りは何が上がってくるのかわからないわくわく感がたまりません!
今回も、ハリに掛かっていた魚に巨大な魚が食いついて、釣り機がラインを巻き取れないことがありました。
恐らくオオクチイシナギじゃないかという話でしたが…
なんだったんでしょう?


しかしこの釣り、仕掛けの上げ下げに10分以上かかるのでじれったい釣りでもあります。笑




シケで沖に出られない日には磯へ行きました!


140118-121344_R.jpg


岸からすぐ近くでイルカが遊んでることも。
これ、魚がイルカにビビって動かなくなるから、釣り人からすると非常に厄介なんです…


140118-113337_R.jpg


磯もいい感じに荒れてます!
それでもくじけずにルアーを投げると…


140108-141157_R.jpg



釣れちゃうんです。


夏にKOBUさんも釣っていた、Bluefin Trevallyことカスミアジです!
鰭の蒼さが本当に綺麗で、引きも強く、なりよりも美味い!
旬は梅雨頃と言われますが、めちゃくちゃ脂が乗っていました。

何匹か釣れたので、お世話になっているお家にお裾分けしました。
こんなことでしか普段の御礼ができませんからね!
喜んでいただけたようでなによりです!


あとはこいつも釣れました。


140114-133147_R.jpg


オキザヨリです。
島ではダツとかサンカンって呼ばれます。

ルアーに頻繁にアタックしてきて、ルアーやラインを傷付けるので嫌われがちですが、口の形態が特殊なので意外と掛けるのは難しい気がします。
小骨が多いですが、わりと美味しい魚です。



エラブ組はあまり釣りが上手くないので、このような写真をなかなか紹介できないのが非常に残念です。
某サークルの釣りマスターRくんと資源の釣り名人Tくんがいるのになぁ…
おかしいなぁ…


でも、しっかりとした装備で臨めばこんな釣果に恵まれますよ!
くれぐれも「そんなおもちゃで何釣るの?」って島の人達から言われないような道具で挑んでくださいね!


こんなかんじで滞在中は毎日海にいました。
やっぱりフィールドはいいですね!
あ、もちろん調査もしてましたよ!!!!


また暖かくなったらエラブに帰りたいと思います。


多くの資源メンバーは今イカナゴ航海で豊潮丸に乗っていますねー
皆さん寒い中大変でしょうけど頑張ってください!
そして、タチ男くんは今日オーストラリアでの調査に向けて出発しました!
きっと帰ってきたら大ボリュームのブログを更新してくれるはず!
くれぐれもお気をつけて!



(エラブ滞在中は漁師さん宅に泊まってました)
ぎんぽ




2014年01月05日 (日) | 編集 |

皆さま、明けましておめでとうございます。
2014年も水圏資源生物学研究室をよろしくお願いいたします。


そんなわけでぎんぽです。
久しぶりの更新ですね!


今年は曜日の並びが良く、長期休暇になった方も多いのではないでしょうか。
研究室メンバーもほとんどが帰省しているため閑散としています。
どうやら、卒修論生はみんな初稿を提出できたようですね!
ひとまずお疲れ様でした。
ここから怒濤の改訂や発表用の資料作成が待っているので、気合いを入れ直して頑張りましょう!



さて、昨年末に開催された忘年会の模様をダイジェストでお伝えします!


今年の忘年会の主役はこちら

131227-163921_R.jpg


そうです!
昨年に引き続き、香川のイネゴチさんからオリーブハマチをいただきました!

さらに、核弾頭ことキュウセンくんからはカキがたくさん!


ありがとうございます!!


131227-171721_R.jpg


131227-195612_R.jpg


131227-195546_R.jpg

ハマチはしゃぶしゃぶ、アラ煮、カマ焼き
カキは酢ガキとカキフライで美味しくいただきました!


131227-204721_R.jpg

途中から乱入してきたなるとびくんからは山口の名酒、獺祭!
レンジさんと酒瓶は素晴らしい組み合わせですね。

ちなみに、1升瓶2本はあっというまに空きました。。。笑



131227-222338_R.jpg


131227-222442_R.jpg


131227-222946_R.jpg


腕相撲大会なんかもありました。



131227-195536_R.jpg


そんな感じでした。

良い年忘れになりましたね!



今年も多くの方々にお世話になると思いますが、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
資源メンバー一同頑張っていきます!



ということで、最後は午年ということでこの写真で締めましょう。



130701-082430_R.jpg

ウマヅラアジ
沖縄のとある漁港にて。


(それでは冬のエラブに行ってまいります)
ぎんぽ