広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2014年11月18日 (火) | 編集 |

以下の論文が出版されましたのでご報告です。

澤井悦郎・松井 萌・Dharmamony Vijai・柳 海均・桜井泰憲・山野上祐介・坂井陽一
「北海道初記録のウシマンボウMola sp.A」
魚類学雑誌, Vol. 61, No. 2, pp. 127-128.

Naohide Nakayama, Yuki Kimura & Hiromitsu Endo
Neoepinnula minetomai, a new species of sackfish from off Kuchierabu-jima Island, southern Japan (Actinopterygii: Gempylidae)」
Ichthyological Research, online published


マンボウさんの論文は今夏、北海道で漁獲されてニュースにもなった巨大マンボウがウシマンボウであること、ウシマンボウは北海道初記録であり本種の北限記録を更新するものであることを報告しています。
この記録はウシマンボウの分布や回遊生態を知る上で貴重な情報になるようです。

th_img336.jpg


しかしデカイですね。。。


そして、もう1本はぎんぽが今年の1月にエラブに行った際に水深400m付近で採集した個体が未記載種、つまり新種だったことを報告しています。
面白い魚が絶対いると言われ続けてきたエラブでついに新種が出ました!

th_IMGP1254.jpg


学名Neoepinnula minetomai、標準和名はエラブスミヤキとなりました。


2本ともオープンアクセスではないので、興味のある方は直接著者にコンタクトを取ってくださいね。



2014年11月13日 (木) | 編集 |
ばんじょーです!久しぶりの更新になりますね。

ちょっと前の話になりますが、俺ゼミがスタートしました!
俺ゼミとは資源の先輩たち(マスター以上)が、各自の得意分野について後輩たちにレクチャーするものです。

一応、一昨年からやってるんですけど、去年は諸々の事情でできなかったんですよね、、、、。

そんな久しぶりのゼミのトップバッターを務めるのは ぎんぽさん です!
IMGP0892.jpg

タイトルは魚類の分類と標本作製。魚とはどんな動物なのか?分類の意味とは? など意外とすぐに答えられないことが多いことに気づかされる内容でした。
座学の次は実際に魚類検索図鑑を用いての種の同定
IMGP0897.jpg

3年生は初めて使うということもあってなかなか苦戦していました。
確かに難しいんだよね。この図鑑。

お次は、標本の作成ですが、ここでスペシャルゲスト登場。
IMGP0898.jpg

来年4月より資源に加入してくれる 高知大学4年生のS藤くん による標本作製レクチャーです!
いきなりの配役にも関わらず完璧にこなしてくれました。(ありがとう!)

そしてできた標本がこちら!
IMGP0899.jpg
爪楊枝や虫ピンでヒレ立てをしております。こうやってすべてのヒレの形がわかるようにするのが大事なんだとか
カマスの頭が若干ひん曲がっちゃってるのは冷凍のときにうまくいかなかったということで(笑)
IMGP0903.jpg

魚を扱う資源らしい今回のゼミ。3年生たちも楽しいと好反応でした。
不定期ではありますが、今後も開催しますのでどんどんいろんなことを吸収してください!


確か次のゼミはレンジ姉さんが担当だったような、、、、?


(今日の冷え込みは半端ないっス)
ばんじょー



2014年11月13日 (木) | 編集 |


西条を彩った紅葉が、今では道端に積もります。
彼らが白い雪に変わるまでに、初稿提出できたらいいなぁ。




しげおです。



さて、

11月9日(日)に行われた
「第7回くらはし海釣り大会」に参加してきました。


2年連続2回目の出場です。

永遠のライバル竹原ステーションからも「たけえもんず」が出場
前回のリベンジに燃える我々は
釣り場の下見も入念に行い、スズキやコブダイといった大物の魚影を確認できた
波止をチョイスし、今大会に臨みました。



早朝5時に出発しエサ等を買い、いざ倉橋島へ。



1.jpg






釣り日和です。





台風じゃないのでセーフ。




ちなみにチーム名は今年も


資源ワイカ5(ファイブ)


メンバーは

KOBU=DELさん
ぎんぽさん
tksさん
しげお


そしてもちろん











2_compressed.jpg

OBのワイカさん!
ブログには久々の登場ですね。

社会の荒波に揉まれるハードな日々とのことでしたが
この日のために駆けつけて頂きました。


余談ですが、
最近OBの方がよく資源に遊びに来てくれます。
嬉しい限りです。
(イイダコさん、お土産ありがとうございました。またみんなが居るときに是非。。。)



さて、釣りの方ですが
降りしきる雨にも負けず
みんなで大物を狙い続けます。

しかし、どうしたことか
思うような釣果が伸びない時間が続きました。












ぎんぽさんの投げ竿にアタリが!













3.jpg

マコガレイ!(肉厚で美味しかった)


上位ランクインも夢じゃない?

一同、テンションあがる。


その後も制限時間いっぱいまで竿をだしつづけ
カワハギやコウイカ、ヒガンフグ(大)をキャッチ。

超大物は釣れなかったものの、まずまずの釣果に

一同、勝利(対竹原)を確信



いざ計量へ。



4.jpg


5.jpg



いざ結果発表会場へ。

6.jpg



結果発表の前に恒例の?じゃんけん大会。

7.jpg

勝ち残ったのはなんと・・・






8.jpg

ぎんぽさん!
おめでとうございます!




そして釣り大会の結果は・・・







9.jpg



第4位!




10.jpg

副賞にクーラーBOXを頂きました。

前回の8位から大躍進。





しかし、優勝はなんと・・・








11.jpg


たけえもんず!(竹原ステーション)

おめでとうございます!






連敗。。。



僅差だったんですけどねー(棒)。


次回こそリベンジを!





12.jpg

みなさん雨の中ご苦労様でした!


しげお



2014年11月13日 (木) | 編集 |

続けていきます!


動物行動学会の2日後、広島大学と韓国のプキョン大学のジョイントシンポジウムが行われました。
プキョン大学の練習船カヤ号が来広したため、両学の交流の一環として企画されました。

th_IMG_7963.jpg


資源からは4名が発表しました。


まずは冨山先生

Takeshi Tomiyama
「Introduction to flatfish ecology」

th_IMG_7940.jpg

さすがです…
見習うべき点が山ほどありました。


マンボウさん

Etsuro Sawai
「Species identification of Mola sunfishes occurring in Korean waters using Google image search」

th_IMG_7944.jpg

なんというか、出オチ感満載でした。笑
学生トップバッターであんなことされると後ろはやりにくさがハンパじゃないです。。。


タチ男くん

Yohei Niino
「Feeding habits of the cutlassfish Trichiurus japonicus in the central Seto Inland Sea」

th_IMG_7949.jpg

タチ男くん初の英語での発表でした。
韓国でもタチウオはお馴染みの魚のようで、反応も良かったですね!


ぎんぽ

Yuki Kimura
「Behavioral ecology of the facultative air-breathing fish, Praealticus tanegasimae (Blenniidae) on rocky tide pools」

th_IMG_7958.jpg

日本人のトリでした。
研究内容もさることながら、最後のスライドの写真が一番好反応だったような…


プキョン大学の学生さんはとてもリアクションが良く、発表しているこちらが圧倒されるくらいでした。
日本人も負けていられませんね!


シンポジウム後はカヤ号での船上パーティーに参加しました。
まずは船の大きさに度肝を抜かれました…

th_IMG_7984.jpg

th_IMG_7968.jpg



向こうの方とも積極的に交流ができました!


th_IMG_7972.jpg

th_IMG_7969.jpg

th_IMG_7974.jpg

日本語が話せる方が多くてびっくりしました。


今回は、持ち時間が少なかったので簡潔にしつつ大きなインパクトを与えるのに苦労しました。
もっと鍛錬が必要ですね!

学会はしばらくありませんが、これからは卒論生が追い込まれる日々が始まります。
地獄を見ないように早め早めに作業を進めましょうね!


(まだいくつかブログネタがあります)
ぎんぽ


2014年11月13日 (木) | 編集 |
ぎんぽです!

今日は一気に更新しますよ!


先週、長崎大学で日本動物行動学会が行われました。
資源からは総勢11名で乗り込みました!


ビデオ発表でトップバッターを飾ったのは


Breno Barros
「Association of mimic juvenile fish with mangrove plants: insight into the use of mangrove habitats as nurseries for juvenile fish」

そうです。

th_PB020580.jpg


ブレノさんです!

ブレノさんは修士号を資源で取得された日本語ぺらぺらのブラジル人研究者です。
今回、奥様と観光で来日されたのですが、いろいろあって発表することになったみたいです。
タイトルもアブストラクトもがっつり英語なのに、日本語で発表されていました。


で、ポスターで4名が発表しました。

坂上嶺
「口永良部島におけるフタスジリュウキュウスズメダイの性転換能力」

th_PB020582.jpg


佐々木司
「ナメラヤッコ高密度個体群におけるハレム構造」

th_PB020584.jpg


木村祐貴
「タネギンポの半陸上生活は採餌の利点を伴っているのか?」

th_PB020611.jpg


岩崎菜美
「海底に潜って夏眠する魚、イカナゴの好む砂とはー潜砂底質の選好性実験」

th_PB020608.jpg


こんな感じでした。
JKさんは初の研究発表が行動学会でかなり緊張していましたが、しっかりと説明していました!



お待ちかねの懇親会では、ブレノさんが乾杯の音頭をとったり

th_PB020633.jpg


次期学会長の中嶋先生と次期事務局の坂井先生によるお楽しみの時間もあったり

th_PB020637.jpg


まぁいろいろありました!


学会後はゆっくり長崎満喫…
というわけにもいかず、ちょっとだけ長崎観光をして帰りました。

th_IMG_7932.jpg

th_IMG_7935.jpg


各々、得るものがあったのではないでしょうか!

th_IMG_7928.jpg

来年の動物行動学会は東京海洋大学で行われます。
何やら面白そうな催し物があるみたいで、今から楽しみです!

お疲れ様でしたー!


(長崎は遠いようでやっぱり遠かった)
ぎんぽ