広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2015年10月27日 (火) | 編集 |

エラブチャリティーTシャツの注文期間について
ご好評につき、第1回注文受付の〆切を11月5日まで延長いたします。

なお第2回の受付開始については、決まり次第このブログでお知らせいたします。

【ご注意ください】
※現在はシャツの種類を自由に選択していただいておりますが、事務作業の都合上、第2回注文以降は「現在の《価格一例》の商品」および「第1回注文時に人気の高かった商品数種類」の中からお選びいただくこととなりますので、現在の《価格一例》以外の商品をご検討のお客様は、11月5日までにご注文いただきますようお願いいたします。
皆様にご迷惑をおかけしますことを、あらかじめお詫び申し上げます。


2015年10月23日 (金) | 編集 |
鹿児島県 口永良部島。

多様な魚が暮らす美しい海に囲まれたその島で、私たち水圏資源生物学研究室は、島の皆さんに支えられながら何十年も前から研究を続けてきました。

島に大きな変化があったのは、今年の5月29日。
ニュースでご存知の方も多いかと思います。新岳の爆発的噴火です。
この日以来、いまもたくさんの島民の方が避難生活を続けておられます。

先の見えない日々が続くなか、一昨日、あるニュースが飛び込んできました。
噴火警戒レベル5は継続されるものの、警戒範囲が縮小されるというものです。
8月以降は火山性地震も少なくなってきており、今年5月のような爆発的噴火が起こる可能性は低くなってきているとの見解が示されました。
すぐに島で生活ができるというわけではありませんが、年内の帰島にむけた明るい話題となりました。

水圏資源生物学研究室では、お世話になった島民の皆さんのためになにかできないかと、これまで私たちにできることを模索してきました。
今回の企画は島民のみなさんが、また島に戻る時に少しでもお役に立てればと思い企画したものです。
口永良部島の皆さんのために、ご協力をお願いいたします。

                                  水圏資源生物学研究室


◆Tシャツについて◆

今回は「海の宝ver.」「山の宝ver.」の2種類をご用意いたしました。
図1_R
図2_R

「海の宝ver.」では、釣り人垂涎の的であるGT(ロウニンアジ)、島では味噌汁などで日常的に食べられるイセエビ、景勝地であるタテガミなど、永良部を代表する種々の海の宝を、
「山の宝ver.」では、国の天然記念物であるエラブオオコウモリ、焼酎の原料として栽培される黄金千貫(サツマイモ)、熱帯域に特異的に生息するガジュマルなど永良部の誇る数々の山の宝を描いています。胸ロゴは両ver.共通です。
(※デザインは若干変更になる場合があります)

【価格について】
金額はTシャツ2,500円をはじめ以下のとおりとなっています。
価格一覧_R

商品は上記の一覧の中からお選びいただきますよう、お願いします。

サイズ・色などは自由にお選びいただけますので、以下のアドレスをご参照ください。
United athle様HP(http://www.united-athle.jp/ua)
※なお、プリントは白一色となります。生地は色の濃いものをお選びください。
売り上げのうち、原価および送料以外は全額復興のために寄付されます。

送料については枚数に応じて別途連絡させていただきます(Tシャツ2枚:510円程度。手渡しが可能な方は送料は不要です)。

【注文方法】
注文は以下のアドレスまでメールでご連絡ください。
erabu.t.shirt@gmail.com
メールを送付いただければ、注文様式を送付いたしますので、ご記入の上ご返送ください。
※空メールの場合返信が遅くなる場合があるようです。件名を「Tシャツ購入希望」や「Tシャツ購入に関する質問」、本文を「Tシャツ購入希望を希望します」などにしていただけるとありがたいです。
※メールフィルター等の設定をgmailからのメールを受け取れる状態にしてください。こちらからのメールがブロックされている場合があります。
(当研究室に知り合いのいる方は口頭で伝えていただいてもかまいません)
注文の締め切りは1月31日(日)までとさせていただきます。

※本商品は受注生産となります。発送は来年2月下旬を予定しております。

【お支払い方法】
遠方にお住まいの方で、現金での支払いが難しい場合は口座への振込み等も可能です。
(ゆうちょ銀行の口座を準備しております)
注文確定後、振込先を連絡させていただきます。

皆様のご注文をお待ちしています。


2015年10月22日 (木) | 編集 |
最後にこんにちわ、ハセガワです
タイムリーですが昨日俺ゼミがありました


俺ゼミとはなんぞや!?!?という方のために少し紹介します


俺ゼミとはマスターさんやドクターさんが自分の強みである分野を紹介しただける時間のことです
資源には様々な先輩がおられて去年も非常にためになるゼミをしていただきました


今回はギンポさんの『魚の分類について』というテーマでした

s_IMG_1324.jpg



皆さん知られてると思われますが、ギンポさんは学部生時代高知大学で分類をやっている研究室に在籍されておりました
南洋航海で釣ったサンプリングと豊潮丸でGOBU=DELさんが釣ったサンプリングのひれたてと同定というのがゼミ内容でした
僕自身も日本に4200種ほど魚類がいるということを知り
改めて魚類の多様性を感じました

ゼミが終わり、ギンポさん直属の後輩のサイトーさんから魚の保存方法についてレクチャーして頂きました^^

s_IMG_1724.jpg


ものすごく丁寧で分かりやすかったです
三年生もどのように標本にされていくか分かったと思います
僕自身もまだまだ魚を同定するスピードが遅くて、改めて先輩の知識量に驚かされました


これからやっていただく俺ゼミも楽しみですね^^
僕も後輩に伝えれるくらいの研究をしていきたいと思ったハセガワでした

2015年10月22日 (木) | 編集 |
またこんにちは、ハセガワです
10月はイベントも多かったということで連投してしまいます、何卒よろしくお願いorz

さて毎年この時期は新3年生がくるということで、月曜日に新歓がありました!
生物生産でも非常に学生が多い中今年も4人入ってきてくれました、嬉しい限りです
いつものようにお茶部屋で飲み会をするためにこの日のため取っておいた魚を全力で調理しました^^
tksさんも炙りに気合がはいっていますねぇー

s_IMG_1198.jpg

では新三年生の紹介とでもいきましょう

s_IMG_7140.jpg

眼鏡がトレードマークのクサカ君
冨山先生に配属された和歌山出身のテニスボーイです
魚への興味は未知数なのでこれから資源色に染まっていってほしいですね

s_IMG_7475.jpg
 
キャピキャピ女の子枠のミヤザキさん
こちらも富山先生に配属された熊本出身の子です
魚の経済的なことに興味があるらしく、入ってきたそうです

s_IMG_4403.jpg

最後にイカナゴ大好きクズハラ君
この子も富山先生に配属された兵庫出身の下戸ボーイです(開始30分でこの赤さ・・・
イカナゴ好きすぎて研究室に来たそうです、これは期待が膨らみますね


もう一人坂井先生の元に配属されたフジモト君がいますが、現在タイに留学行ってます
デング熱にかかったそうですが大丈夫ですかね!?!?
また彼が帰国した時に紹介しましょう^^


現在大所帯な水圏資源ですが
締めるとこは締め楽しいこと全力で楽しむ研究室でありたいと思うハセガワでした
これからも水圏資源のことをよろしくお願いします!

s_2015 新歓写真 (2)



2015年10月22日 (木) | 編集 |
こんにちははじめまして、学部四年生のハセガワです
坂井先生のもとで踊り食いで有名なシロウオについて研究しております

さて三週間前にもなりますが、我が水圏資源の研究室は南洋航海に行ってまいりました
今回は噴火のために避難された口永良部島の方々のと交流がメインの航海でした
初めに永良部キッズとのシュノーケル講習

s_s_PA030057.jpg


みんな慣れない機材をつけて屋久島にどんな魚がいるか興味津々でした

また豊潮丸の船員さんに案内してもらい船の中の構造を教えていただきました
s_s_PA050102.jpg

s_s_PA050097.jpg



気分は船長さんですね^^
みんな船の中の様子は初めてのようで、しきりに興味をもってくれて僕としてもうれしかったです


また永良部キッズの釣り体験もありました
なかなか釣れなくて残念でしたが
住んでいる屋久島にどのような魚がいるかを触れることができとてもいい勉強になったと思います^^

s_PA050121.jpg


そしてそのあとはお待ちかねのBBQ大会!
s_s_PA050143.jpg


s_s_PA050159.jpg


キッズ達はとても元気で食べた後すぐに遊びに行ってしまいました!
本当に元気です、僕も昔はあんなけ元気だなぁと思ってしみじみしました。

永良部の方は本当に気さくな方が多く僕自身初めてお会いしましたが、本当によくしてくれました
楽しいとお酒もすすみますよね??
そんなこんなでお酒を飲みすぎてしまい・・・
気づいたら僕はベットの上でしたすいません…



また交流の他にも、屋久島周辺で魚類サンプリングを行いました。

s_PA040072(1).jpg

いろいろな魚を釣り上げこの後で紹介する俺ゼミで同定しました

7日間という長いようで短い航海でしたが、僕としてもとても貴重な体験をすることができとてもよかったです
永良部の方たちもより早く島に帰られることを切に思いました


来年の航海は永良部に!ヨーソロー!