広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2016年05月28日 (土) | 編集 |
こんにちは
M2のタマです。(※タマガイのタマです。)

5月末に、韓国・釜山で開催された世界水産学会議に参加しました。
今回は先生と私、2人での参加でした。

私にとってはこの研究室に入って初の学会発表!
せっかくの国際学会なので、その様子をざっくり紹介しようと思います。

釜山は福岡空港から1時間掛からないとこにあります。

IMG_4422.jpg 
(結構都会!)

さて学会初日。
会場到着です。

世界水産学会議 

IMG_4412.jpg 
外国人ばかりで、最初は全然落ち着きませんでした。

午前は講演、午後は口頭発表を幾つか聞きました。
そして夕方、ポスターセッションがあり、私の発表はこの日。
サキグロタマツメタの研究成果を発表しました。

ポスター会場は日本の学会とは少し雰囲気が違いました。
会場の前方ではマグロの解体ショー。
さらに豪華ディナーがポスターを囲み、参加者にビールが振舞われていました。

IMG_4418[1] IMG_4419[1]
(あれ?こんな雰囲気で発表するの?)

この日のプログラムには「Welcome Reception & Poster Session」とあったのですが、こういうことか...と。
私のところには外国人の方がちらっと、あとは知り合った日本人学生に発表聞いてもらいました。
発表としてはちょっと物足りなさがありました。

ともあれ研究聞いたり聞かせたりしてるうちに2時間はあっという間に過ぎ、私のやる事は終わりです。
初日発表で良かった。

3日目の夕方に韓国最大級の海産市場といわれる、チャガルチ市場に行きました。

IMG_4440.jpg 

カレイ、ヒラメ、イシダイ、クロソイ、アナゴ、ヌタウナギなどをよく見かけました。

IMG_4548.jpg 
(マコガレイとヒラメ)
無題 
(ヌタウナギ、グロい・・・。)
IMG_4550.jpg
(キュウセンやコブダイも居ました)

外にも市場がありましたが、衛生状態は良くないようです。
20cmくらいのネズミがウロウロしてました(笑)。
タチウオが多かったです。他にもサンマ、アンコウ、エイなど。

4491.jpg 
(地面に付いちゃってる)

ホヤもよく見かけました。韓国では一般的に食べられるようです。
あとユムシを刺身で(!)食べるそうです。
話のネタとして食レポできれば良かったんですけど、私には無理でした。ごめんなさい。

貝類も豊富です。
サキグロは韓国の市場に売られていることがあると聞いていましたが、ここでは発見できず。

IMG_4452.jpg 
(アワビやホタテ、サザエなど、右下がユムシ)
IMG_4542.jpg
(韓国のアサリは少し横に長いんですね)

見学後は、カレイやアサリなどを頂きました。

さて、学会の4日目には先生がマコガレイの研究成果をオーラルで発表されました。
私は会場にいなかったので写真撮れませんでした。すみません。

夜は焼肉とマッコリを頂きました!

IMG_4572.jpg 

最終日は午前の講演だけ聞いた後、帰国。

今回の学会で、自分の英語力の低さを痛感させられました・・・。
発表を聞いてる時も、何度か内容についていけなくなることがありました。
それでも、事前に要旨だけでも読んどけば内容も入ってきやすかったと思います。
この辺の準備不足は、反省点です。

しかし自分の発表に関しては、英語力が無くてもなんとかなると思いました(笑)。
これから国際学会に参加する資源の学生が増えると良いですねぇ。

機会があればアジア以外の学会も行ってみたいな~。

以下学会の戦利品です。

IMG_4594.jpg 

ではまた。




2016年05月23日 (月) | 編集 |


こんにちは、B4のJapanとエンドーです。

 

潜水講習の後半の様子を報告したいと思います。

前半の様子は前の記事でOSANAIさん改めギンポちゃんとこいDさんが紹介しておりますのでそちらをご覧ください。

 

さて後半では坂井先生が沖縄に到着し、講習をサポートしてくださいました。

先生は到着するや否や「黒くなったな〜!!」と一言。

周りがみんな黒いので、自分達では日に日に黒くなっていくのを実感できませんでしたが、練習の頑張りが肌に現れているということでしょうか笑

 

さて後半の講習では、前半の応用のスキルや新しいスキルにチャレンジしました。

「マスクなしで〜」とか「フィンなしで〜」は当たり前。

皆、前半以上に集中して、より複雑になっていくスキルについていこうと必死でした。

 

 ホバリング


後半、新たに登場したコンパスナビゲーションとホバリング!中性浮力は個人の感覚に依るところが大きく難しいスキルですが、ギンポちゃんはホバリングもとても綺麗でした!さすが姐さん!


 

エア切れを起こしてレギュレータ―を取りに来た相手を、一旦制止してからオクトパスを渡す練習もしました。傍から見ると面白い光景ですが、やっている本人たちは真剣なんです!!



さてさて前半、BC脱着で苦しんでいたエンドーは、

諦めずに何度も練習を重ねて、ようやく片膝立ちのBC脱着が成功!

 

よかったね、エンドー(*´ω`)

 

そんな毎日のハードな練習の後には皆で夕食を作りました。

我々のコックはギンポちゃん。目分量なのに的確な味付けで、おいしいと好評でした。

料理2 


ゴーヤチャンプルーやタコライスなど沖縄らしい料理にも挑戦しました。

料理3 

名ばかり料理長Japanの仕事は「いただきます」を言うことのみ。「料理は苦手」と言っていた4人の本当の実力が明らかになりました...

 

最終日、全日程が終わった後はみんなでBBQをしました。

BBQ.png 

沖縄はすでに夏!暖かい風と講習を終えた開放感に包まれて、BBQは楽しかったです!

 

講習中、ほとんど晴天に恵まれた沖縄。梅雨前線を寄せ付けない晴れ男?女?のお陰か?ともあれ透明度の高く、色鮮やかなサンゴや魚で満ち溢れた沖縄の海は最高でした!

水釜 


講習では海の中でのスキルだけでなく、海と向き合うための覚悟や自分の弱さについても教えていただきました。

海の中ではスキルをこなすことだけに目を向けてしまいがちですが、そのスキルはいつどんな時に生かせるのか、そのような状況に置かれたときに自分だったらどうするのかを考えることが、本当の意味でスキルを身に付けたことになるのだと気づかされました。


体力的にも精神的にも大変なことが多かったですが、それを乗り越えた今はこの経験が自信となりました。

これから本格的に自分たちの研究が始まっても、この10日間で学んだことを忘れずに頑張っていこうと思います!





2016年05月20日 (金) | 編集 |
皆様お久しぶりです. 新M2のイレズミです.
潜水講習の間を割って失礼します,
気づけば5月も半ば, だんだん暖かくなってきましたね.
後輩達の潜水講習も終わり, 行動組はこれからが調査シーズンの幕開けと行ったところでしょうか.

これから始まる調査に先駆け, 行動分野の研究や調査方法, 調査場所についての簡単なレクチャーを行う”スタートゼミ” を先月行ないました!
対象は新4年生と外部からの新M1で, 計4回のゼミを行い, 先輩方から様々なことを学んでいました.

①魚類及び魚類学とは (ぎんぽ特別研究員さん)
IMG_3417_20160520115014651.jpg 
俺ゼミの内容をさらに砕いて発表していただきました.
私自身一度聞いたことがある内容ではあったのですが, 
魚類に関する基礎的な知識だけでなく, 学問に関する内容にも触れられており, 
参加している資源組の人やM2の人も熱心に聞かれていました.

また, スライドでの説明の後には, 恒例の標本ゼミ (今回はサンプル不足のため標本作成ではなく同定レクチャー) もありました!
IMG_3418_20160520115017642.jpg 

こいD君とOSANAIさんが中心に行なったのですが, 
それぞれ選ぶ魚に傾向があり見ていて面白かったです (こいDは長物や深海魚を, OSANAIは"THE 魚” といったシルエットの魚を好む傾向あり).

②野外調査とは (ばんじょーフタスジ先輩)
これから研究を行う人たちにとって大事な野外調査に関してのゼミを行なっていただきました!
ばんじょー先輩はこれまでえらぶで野外調査により研究をされており, ダイビングを用いた調査について詳しく教えていただきました.
潜水調査は面白さの反面, 辛いことや安全に行なわないと危ないことも多くあります.
気を緩めると命を落とす危険もあり, 後輩達は熱心に話をきいていた…ときいております (イレズミ不在のため写真なし...ばんじょー先輩さーせん...).

③飼育実験とは (イレズミ)
RIMG0574.jpg 
行動生態学における飼育実験とは, ということで, 現在自分が行なっている飼育実験や, 
これまで広大で行なわれていた飼育実験についてのレクチャーをしました!
私自身飼育実験歴は浅く, スライドを作成する中で気付くことも多くあり勉強になりました.
資源ではあまりメジャーではない飼育実験ですが, 挑戦する人がいれば, ぜひとも根気を持って取り組んでもらいたいです!

RIMG0589.jpg 
スライド発表後には水槽室見学と...

RIMG0592.jpg 
お茶部屋水槽の大掃除を行ない (手伝ってもらい) ました.
最近お茶部屋水槽も新規個体の加入やレイアウトの変更などが多くあり, 見ていて楽しくなってきました.
きれいな状態を保って, 見栄えの良いアクアリウムスペースになって欲しいですね^^

④調査地について (ぎんぽ特別研究員さん, FUJISAWA)
資源で主に調査を行なっている口永良部島と瀬底島について, それぞれの経験者からレクチャーしていただきました!
IMG_3510_20160520115021e23.jpg 
昨年, えらぶの噴火により広大生が島に滞在して研究を行うことはできませんでしたが, 
今年は新M1と4年生がえらぶで研究を行なうことが予定されています.
自然豊かであり研究外にも多くの勉強, 発見がある島ということで, 
これから研究に行く人たちは多くのことを学び, 成長して帰ってくるのではないでしょうか.

IMG_3512_201605201150210e2.jpg 
もう1つの調査値である瀬底島は, 沖縄県北部にある島です.
近くには美ら海水族館や瀬底ビーチと行った観光スポットも多い中, 
琉球大学の施設に宿泊させていただきながら研究を続けてきました.
今年は若干名が新たに瀬底に来る予定ということで, 
臨海施設のマナーを守り, 他の大学の方や研究に触れて様々なことを勉強してもらいたいですね (イレズミ含む).


ゼミでは様々なことを学びましたが, 忘れてはならないこと (特に潜水する人) は安全第一です.
命を守ることは当たり前として, 体を壊さないように各々の研究に打ち込みましょう.
夏明けに日に焼けた皆さんのからたくさんのお土産話を期待してます!


イレズミ


2016年05月17日 (火) | 編集 |

Message body



こんにちは、m1のこいDとOSANAIです。

先日行われた潜水講習についてレポートさせていただきたいと思います。

今年は5/6〜5/15の10日間、増井さんのご指導のもと水釜での潜水講習を行いました。
今年は学部生2人と院生2人の計4人での参加です。
海での研究を安全に行うために、ダイビングの様々なスキルを学ぶ潜水講習ですが、うわさに聞いていた通り講習はかなりハードなものでした(僕は10日間鼻血か出っぱなしでしたbyこいD)。その代わり、他では経験することができない貴重な経験をさせていただき、たくさんの知識、スキルを得ることができました。

では前半の講習内容を少し紹介します。

まず、連日何度も練習したBCD脱着の様子です。

えんどー

この後には、ただ脱着するのではなく、ウエイトを外して、マスクを外して、など段々と難易度を上げた練習もしました。
このスキルには最後まで苦しめられた人もいましたね。

enndou.jpg (←苦しんだ人)

その他にも、エア切れを起こした状態からBCDを脱ぎ捨てて、3人の人に順番にエアをもらいながら、最後に自分の器材の所に戻ってくるエアステーションというスキルもおこないました。
これをマスクなしで行った時の皆さんの必死な顔は忘れられません。

ただ講習は辛いことばかりではなく、3日目には真栄田岬に連れて行っていただき、美しいサンゴ礁やたくさんの魚をみることができました。

P5090026 (1024x768)

P5090048.jpg

水深35mほどの深場には静かな砂地が広がっていて、ネジリンボウやチンアナゴなどのスキンダイビングではなかなか出会えない魚にも会うことができました。

P5090026 (2)

P5090091.jpg

さて、楽しいダイビングの後にはまたハードな講習の時間です。
講習は水釜以外にも崎本部のゴリラチョップで行いました。

ゴリラチョップ
(右奥に見えているのは瀬底島です。)

与えられた課題に必死に取り組み、改善点をみつけてはそれを試してまた課題をみつけ…そうこうしている内に前半の5日間はあっとう間に過ぎてしまいました。

それぞれの苦手なスキルを克服することはできたのか、エンドーはBCD脱着を成功させることができたのか…!

後半の様子は後輩たち2人にレポートしていただきたいと思います!




2016年05月02日 (月) | 編集 |

こんにちは。Japanです。

 

金曜日にマンボウさんのNZ送り出し会を行いました。

長期インターンシップを利用して2ヶ月ほどNZへ行くマンボウさん。

名称未設定 

{特別研究員}

 

研究室メンバーで広島らしく?お好み焼きともんじゃ焼きを作りました。

澤井さんを送り出す会_3063 

さすが、皆さん広島に住まれているためお好み焼きを作るのが上手。

特に、某お好み焼きの息子?(アルバイトです)の作るお好み焼きは旨かった!

 S__82075650.jpg

{バナナがよく似合う}

 

5月の初週に出発のマンボウさん。NZでのご活躍が日本まで届くといいですね。帰ってきた時に色々な話を聞けるのが楽しみです!

 

それに先駆けて?

先日行われた何やら怪しげな集団、、、、

マンボウのハレム社会か???

IMG_5467.jpg 

と言うのは冗談で、

グローバルキャリアデザインセンターの取材を受けていました。

目的は特別研究員の研究の紹介のためです。学生のお手本になる研究者の紹介ということですね!

 

マンボウの事を熱く語るマンボウさん。

頭の被り物も、タオルも、Tシャツもご自身で作成されたそうです。

 IMG_5468.jpg

マンボウ愛を感じます。

 

マンボウの事ばかりではなく、これより向かうNZでの活動予定もバッチリ話して頂きました。現地では標本調査や博物館の展示・教育普及などを行う予定だそうです。

その詳細は近日、HPにアップされるので、また報告させて頂きたいと思います。

何はともあれ、

マンボウさん、NZいってらっしゃい!

お気をつけて、そして楽しんできてください!