広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2016年10月31日 (月) | 編集 |
こんにちは、走れ(ない)メロスです。

少し前になりますが
10月15・16日に、男11人でゼミ旅行へ行ってきました。
主な目的地は山口県・長門です。




1日目
まずは千畳敷へ。
千畳敷
綺麗ですね。


ごはん
とりあえずお昼ご飯を食べた後、


RIMG1154.jpg
サッカーやってました。
ジュースをかけた戦い


RIMG1158.jpg
負けた。もう一度やらせてください



aisu.png
また負けたのでアイスをご馳走しました。




次に来たのは
元の隅稲荷神社!
RIMG1178.jpg
こちらも見晴らしがよく心地よい風が吹いてました。

もとのすみ
図1
RIMG1194.jpg
登り終わったら最高難易度のお賽銭箱が。
僕は12回目でやっと入りました。




RIMG1203.jpg
汗かいたのでとりあえず温泉。



RIMG1230.jpg
夜は焼き鳥屋さんで。本場の味は違いますね
お酒が入っていくにつれて、一番奥の上座(キャミ座)に座られているキャベさん
キャベトーーク!!
が炸裂しました。



RIMG1276.jpg
ホテルに帰ったら、サプライズで誕生日を祝って頂きました!
ありがとうございました!!

1日目は自然とうまいもので
日頃の疲れを癒す(?)旅になりました。




2日目は、
海響館
海響館と、



RIMG1286.jpg
唐戸市場へ!


RIMG1297.jpg
RIMG1294.jpg
RIMG1295.jpg
お寿司おいしかったでっすね!!
当初は別の場所を観光する予定でしたが、雨の予報もあり
上記の2地点になりました。

お魚大好きな人たちの集まりで、水族館と市場に行ったこともあり
またまた盛り上がった1日でした。



これから本格的に寒くなってくると同時に、
卒論・修論シーズンも見えてきています。
学部4年生とM2さんはこれから忙しくなりますが、
詰め込みすぎず、
上記のような息抜きも大切にしながら
真剣に取り組んでいくのが資源メンバーの特徴です。

これからも、資源らしくメリハリのついた
研究生活を送っていきたいと思います。


最後は集合写真で
集合写真

楽しかったですね
おわり





2016年10月28日 (金) | 編集 |

お久しぶりです, イレズミです!

夏ももう終わりましたね...
今年の夏は就活えらぶ瀬底にと走り回っておりました.
楽しかったなあ...
今後は研究学会修論に奔走する予定です.
楽しいんだろうなあ...

さて, そんな夏の終わりにぎんぽさん, たちばななくんと3人で高知県へ行ってきました!!
目的は2つ.

①高知大学に所蔵してある口永良部産標本の確認とデータ採取.

②柏島にいらっしゃるイレズミハゼ分類学者の松野さんと情報交換をする

2つの目的とは別に, 釣りやダイビングなど, 様々なレジャー野外調査も目的としておりました.

初日はぎんぽさんの運転で高知大学へ (道中すべてぎんぽさんが運転してくれました! ありがとうございます!!).
何やら, 高知大学からの情報では"標本は多くないから"とのこと.
これはパパっと終わるやつですね, と意気揚々と乗り込んだところ...


s_IMG_5070.jpg

何これ...(実際は写真の約4倍の標本がありました).

しかもテンジクダイなど小型標本からエイのような大型標本まで様々...
これはもう覚悟を決めて片付けるしかない!!
と, いうことで処理開始.

IMG_5115.jpg

高知大の佐藤くん, 山本さんにも手伝っていただきながら計測, 同定, 写真撮影を進めます.
イレズミは写真撮影を担当したのですが, 久しぶりの高知大での写真撮影, めっちゃ楽しかったです.
(ぎんぽさん, イレズミは高知大の出身です)
やはり分類の研究室の設備は超一級品ですねー^^
その他標本庫の見学をしたり, 夜は高知大の方達と夜の朝倉に繰り出したりと,
忙しいながらも充実した2日間を送りました.

IMG_5069.jpg

高知大の皆様, ありがとうございました!!
特にお二人の助けがなければ柏島に行けずに帰ることになっていたかもしれません...
このご恩はどこかで. 次は学会でお会いしましょう^^


そんなこんなで1つ目の目的をやっとこさ達成した一行は,
次なる目的地の柏島へと向かいました!
柏島には2日目の夜に到着しました.

松野さんはダイビングショップをされており, 宿泊やダイビングのガイドもお願いしたのですが,
お家超きれいでした!ご飯超美味でした!!松野さんには超優しくしていただきました!!!
もう言うことはありません. 大変お世話になりました.

IMG_5113.jpg

まずは目的のえらぶ調査で見つかったイレズミハゼの同定にご協力いただきました.
この個体が既知種なのか, 日本初記録種なのか, はたまた未記載種なのか...
その答えはいずれ形となって表れるでしょう...

IMG_5114.jpg

おいしいご飯をいただいた後は, イレズミのイレズミハゼに関する研究報告.
他の宿泊の方々も見学され, 予想外の質問を受けてあたふたとなってしまいました...
学会以外での発表はなかなかない機会なので, 本当にいい経験になりました.

IMG_5110.jpg

ちなみに, 翌日の夜には流れでぎんぽさんも研究発表.
やはり経験値が違いますね, 議論も白熱しておりました.
自分の研究をいかに興味を持ってもらえるように話すか...勉強になります.


おおかたの目標を達成して柏島2日目, 快晴.
これはもうするしかないでしょう.

s_DSCF7327_201610281759387a3.jpg

LET'S DIVING!!!

ダイビングのメッカとも言われる柏島, 透明度はまずまずの日でしたが, 希少な生き物をたくさん見ることができました!!

s_DSCF7400.jpg

みんなのアイドル, 「クダゴンベ」

s_DSCF7389.jpg

見事な擬態の「ニシキフウライウオ」

s_DSCF7337.jpg

沖縄だとかなり深場に出現する「アケボノハゼ」 (水深約20m)

s_DSCF7383.jpg

まだ和名のついていない「イレズミハゼsp.1」 (体側が見れなかった...)

などなど, この他にもたくさんの珍しい生物を見せていただきました.
昨日の高知大での作業の疲れも忘れ, たくさんの魚類たちを見て感動の連続でした^^
松野さん, 本当にありがとうございました!!


今回の高知遠征では貴重な経験を多くさせていただき, 収穫も非常に多いものでした.
標本写真の加工や登録など, 作業はこれからが本番ですが, 楽しかった経験を糧に頑張りたいと思います!!
まずは寒さで風邪をひかないようにしないと...


IMG_5108_20161028180758a2d.jpg

次はいつこれるのかなー


イレズミ

2016年10月20日 (木) | 編集 |
こんばんわ。タチバナナです。


更新する内容がたまっていく一方なので、南洋航海のことについて書きます。



今年度の南洋航海は8月に行われた口永良部島(以下、エラブ)での魚類相調査の追加採集でした。


資源以外から齋藤先生、三重大M1の松尾君、鹿児島大学M1の稲葉君が外部ゲストとして乗船されました。




それではヒヤウィーゴー~!






10月3日~11日にかけて、我らの練習船豊潮丸で口永良部島まで行ってまいりました。





とはいっても例年この時期は台風に見舞われるそうで。。。



今年も案の定2日間ほど瀬戸内クルージングでした。


a_20161020003624cfb.jpg 
にゃんこの島、青島でベラ調査。おさかなくわえたどら猫とはこのことか。


b.jpg 

瀬戸内海は穏やかで、移動中はこんな感じで休憩できます。


d.jpg 

たそがれモリーさん。貴重なショットです。


写真は省きますが、呉ではイレズミさんの男気あふれる場面がありました。
ごちそうさまです。

      

瀬戸内海からエラブまではゆらゆら揺れて、


7日に着きました!!!

着いてすぐに、潜り・磯釣り・沖釣りでの調査でした。

f.jpg


2ヶ月ぶりのこいDは誰だよ、って言いたくなる雰囲気を醸し出していました。


e.jpg 

豊潮丸がエラブの港に着けたのはなんと8年ぶりだそうです。間違ってたら御免なさい。






この日の夜は船員さんとエラブ組、島民の方とBBQでした。

 g.jpg 

タチウオもこれに乗じてしっかり消費させていただきました!





調査ではこんなものも使われました。覚えていらっしゃる方はいますか・・・?


v.jpg


数十年前にエラブで使われていたゴムボートが再び凱旋です。当時を知らないですが、感慨深いですね。



i.jpg 

いつでも釣れるようにKOBUさんが竿立てを作ってくださいました。ありがとうございます。






航海で僕が一番ショックだったことは、サザナミヤッコ事件です。。。



j.jpg 

観賞魚として名高いサザナミヤッコがこんなことに泣



もちろん食べました。








と、話はそれましたが、調査ではORIネットも曳きました。



k.jpg 

この様子は9月のカタクチ航海(タチウオ航海?)を彷彿させるなぁと思っていたら。。。






出た!!!


l.jpg 

タチウオ科魚類!発見時は歓声が沸き起こりました。


何か面白い結果が出るといいですね。




n.jpg



マツオ氏、イナバ氏には標本の作成や撮影に大きく貢献してくださいました。
もちろんサンプリングにもです。


本当にありがとうございます。




そんなこんなで最終日なのですが・・・







 


o.jpg


時化てます。が、それでも新規種を求めサンプリングは続きます。




p.jpg


もう波なんか!足元なんか!気にしない。まだ見ぬ大物・新規種を求めるぎんぽさんとUED




結局この後調査に影響が出るとのことで急遽予定変更で、瀬戸内海まで戻りました。




帰路は波高5mという前代未聞の海況であり、誰も起き上がれませんでした。




がったん、ばっさん、うええええーーーって感じの半日で、瀬戸内海の穏やかな波に感動を覚えました。





僕にとって初めての南洋航海でしたが、無事エラブまで着くことができトロピカルな魚を釣って・見て・食すことができたのでよい経験になりました。



が、やり残したことはまだまだあるのでまた機会があれば行きたいです。






最後に、



甲板に出たら始まるという恒例行事、


t.jpg


筋トレと




今年、日本初記録の報告がされたばかりの激レアサンプルである、


sisida.jpg


シシダマオオクチアマダイさん。



現在お茶部屋の水槽にて元気に生存しています。めっちゃかわいいです。



ではこれにて。



(あ、最近バナナ食べてない。。。)