広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
2013年03月14日 (木) | 編集 |
ぎんぽです!

今日は大きな届けものがやってきました!

それがこちら



日本産魚類検索第三版です。

簡単に言うと、日本周辺で報告された魚を網羅した本です。
魚類の研究をしている人には馴染み深いですね。

この本の特徴は、分類形質(その魚の特徴)とイラストで種を同定することができるというところです。



まずは目や科というような、大きな分類群を検索して



そこからさらに細かい項目をたどっていくことで種にたどり着くことができるのです!
使い方さえ分かれば、誰でも魚の名前を調べることができる、素晴らしい図鑑です。


今回の第三版は、第二版から13年振りの改訂ということで、収録種数は約350種増えて4213種となりました。
また、なんと3分冊、総重量約3.5kgです!

初版から並べてみると、魚類に関する知見がどれだけ蓄積されてきたのかがよくわかります。



ちなみに資源で行われてきた、マンボウ研究の結果も反映されていて、マンボウ属もいろいろ改変されています。


これでより良い研究が行えますね!


(真面目な記事もたまには書けます)
ぎんぽ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック