広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
2013年04月04日 (木) | 編集 |
ぎんぽです!

イイダコサンプリングの後編です。
前回の記事だけだと完全に遊んでるみたいですが、そんなわけはないのです!


翌日はまず須磨水族園に行きました。


IMG_3569_R.jpg



隣には須磨海浜公園があります。

IMG_3561_R.jpg


ここは夏場は多くの人で賑わいます。
明石海峡大橋も綺麗に見ることができます。


スマスイでは魚類担当のBさんにバックヤードを案内していただきました。

IMG_3575_R.jpg

巨大なオオカミウオが餌をくれと言わんばかりに立ち泳ぎを披露してくれました。



IMG_3590_R.jpg


ミツクリザメの標本です。
ゴブリンシャークとも言われ、尖った頭部が目を引きますが、口が大きく開くことも特徴の一つです。
この大きな口と鋭い歯で獲物を丸呑みにするのだそうです。
企画展でお披露目されるようなので、こうご期待!


魚類はもちろんですが、その他の水生動物の飼育方法やエピソードなどを教えていただきました。
様々な試行錯誤の結果、素晴らしい展示が成り立ってるんですね。

もちろん、飼育実験に生かせそうなアドバイスも数多くいただきました。



その後、明石浦漁港に移動して、イイダコを買い付けました。
この漁港では漁獲物を生かしておくためにプールが作り、下から絶えず海水をくみ上げています。

IMG_3678_R.jpg


その設備のおかげでイイダコも非常に元気でした!


IMG_3682_R.jpg

また、漁協の方に簡易的な雌雄判別方法を教えていただきました。


IMG_3683_R.jpg


これらのイイダコは生かしたままなんとか大学まで持ち帰ることができました。
水合わせを行って、ゆっくりと慣らしながら水槽へ移していきます。

IMG_3692_R.jpg


IMG_3700_R.jpg

予想していたよりも個体数が多くてアタフタしました…


IMG_3710_R.jpg


これらの個体を用いてイイダコくんは飼育実験を行っていきます。
どんな成果がでるのか楽しみです!
今年こそは稚ダコの成長を追っていければいいね!


Bさん、何から何までありがとうございました!
またお邪魔させていただきます!


(水族館っていいですね!)
ぎんぽ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック