広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2014年03月27日 (木) | 編集 |

近年の海水温の上昇に伴って、瀬戸内海ではホシササノハベラの分布拡大が懸念されています。
昨年の調査によって、瀬戸内海中西部に位置する岩城島でもホシササノハベラの生息が確認されています (レンジさん卒業研究)

そのホシササノハベラの近縁種であるアカササノハベラはホシササに比べるとより南方に分布していると言われていますが、詳細な研究は行われていません。

そこで、アカササノハベラの生息状況を確認することを目的として、鹿児島は徳之島にて釣り調査を行うことになりました!!!




という無駄な前置きはこれくらいにして、徳之島に来ています!!
今回の参加者はKOBUさん、tksくん、しげおくん、ぎんぽの4人!
資源釣り部で不定期に行われる釣り遠征です!

狙いはもちろん、GTを始めとする肉食性大型魚達!!

一昨日広島から車で鹿児島に移動し、フェリーに乗船



団体客が多かったせいで、危うくチケットが取れないところでした…


揺られること14時間で徳之島に到着!







海を目の前に興奮気味の2人



昨日今日とひたすら釣りに勤しんでますが、いまのところ目立った成果なし!

果たしてどうなることやら…


明日は朝5時に出発して朝マズメを狙ってきます!





お土産釣るぞおおおおお!!!!


(すでに日焼けで真っ赤です)
ぎんぽ







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック