広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2014年07月01日 (火) | 編集 |
どーもー

目覚めたら、目の前の壁にでかいクモ 
パソコンの上には ゴキブリ
そして おなかの上にナナフシ が乗っかっているという
愉快な朝を迎えた ばんじょーフタスジです。

とりあえずナナフシにはお外にお帰りいただいて、二度寝しました。(朝の4時だったんで・・・)

こんなことでいちいち動じていたらエラブでやっていけません。

エラブはココ最近ずっと、どしゃぶりの雨が続いていました。湿気なんかも半端じゃないです。
女子部屋の壁からきのこが生えてくるくらいです。

昨日今日は久しぶりに晴れましたが、明日あたりからまた天気が崩れるとのことなので、ちょっと心配です・・・。

雨だと家にこもりっぱなしになってしまうので、皆かなり退屈なんですよね。


そんなんですが、研究は着実に進んでいます。

IMGP0749_R_R.jpg


ちょっとわかりづらいですが、tks君が、研究対象のナメラヤッコを個体識別しているところです。

ナメラヤッコもフタスジリュウキュウスズメダイも、雌雄がよく似ていてぱっと見での個体識別が難しいんです。
なので観察を始める前にこのように捕まえてきて、体長を計測し、雌雄判別をしてから、イラストマーという識別用の絵の具を皮下に注射します。個体識別後はもとの生息地に戻します。

IMGP0752_R_R.jpg


こちらが個体識別をしたもの。

の絵の具が注射されています。
観察したい個体の数だけこの作業を行わなくてはならないのでなかなか地味で大変な作業です。

ここをしっかりやっておくと後の観察などの作業が楽になるんですけどね。

魚にとってはすごく迷惑な作業なんですが(申し訳ない・・・・)


さてエラブで生活を始めてもう1ヶ月がたちました。早かったような長かったような、忙しかったかのんびりしていたかよくわからない1ヶ月でしたが、皆元気です。

あ、少し前に僕こんなのとりました。

DSCF1220_R_R.jpg


今回はこのへんでー。



(この記事書いてる隣で、tksがイビキかいて寝てます)

ばんじょー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック