広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2014年07月22日 (火) | 編集 |

※画像大量です


西表に行ってきました!

今回は我らが豊潮丸の航海ではなく、三重大学の勢水丸の研究航海です。
豊潮丸と比べると勢水丸の方が少し大きいみたいですね。

140630-082137_R.jpg

中の設備はいろいろと違いがありましたが、外見はよく似ていますね。


三重県の松阪港を出港し、4日間ノンストップでひたすら南下。

毎晩マルチネットを曳いて稚魚採集を行いました。

140701-211734_R.jpg

140703-212308_R.jpg

140702-214230_R.jpg

真ん中の大きなやつはエソ科の稚魚です。
大きな黒斑が並ぶのが特徴です。

140703-193220_R.jpg

綺麗な夕日を眺めたり


140704-141401_R.jpg

トビウオを眺めたりしながら


140704-142959_R.jpg

ようやく西表島の船浮湾に到着!!

デッキに出た瞬間、汗が噴き出すくらいに暑かったです…
日差しも痛いくらいに強くて、さすが南国という感じです。

140705-084518_R.jpg


西表では魚類採集調査を行いました。

140705-084357_R.jpg

140705-091639_R.jpg

140705-085629_R.jpg

セインネットという網を曳いたり


140706-095653_R.jpg

潜ったり


140704-200905_R.jpg

本船や小型ボートから釣りをしたり


瀬戸内とはもちろんですが、エラブの海とも大きく異なる景観と魚種でした。
湾内がメインだったので、湾外だとさらに違うんでしょうねぇ…


汽水域やマングローブにも行きました。

140705-132546_R.jpg

140709-160216_R.jpg

140709-155912_R.jpg

トントンミーこと、ミナミトビハゼ発見。
広島にもいるトビハゼの南方種ですね。

資源OBの方々が研究していたヨダレカケと同じく、陸上で生活する魚ですが、ヨダレカケ類が岩礁に生息しているのに対して、トビハゼ類は干潟などの汽水域の砂泥底に生息しています。
また、ヨダレカケ類はイソギンポ科、トビハゼ類はハゼ科と科レベルでも違いますね。


140709-180245_R.jpg

日本で最も大きいといわれるホシマダラハゼもいました。


日中はこうした魚類採集を楽しみ、夜はひたすら標本処理。

140705-163656_R.jpg

140709-203849_R.jpg


それが終われば夜釣り。

140705-211333_R.jpg

140706-221249_R.jpg

カマストガリザメ?とか、オオメカマスとか、ゴマフエダイ、ハマフエフキとか大きな魚がいろいろ釣れました。
イタチザメが釣れた時はさすがにびっくりしましたけどね。
湾内の浅いところで、ダイバーも多いエリアにイタチザメは…
引き上げずに海面でおかえり願いました。

140706-212100_R.jpg

あと、メートル級のコザンザメも釣れました。
この大きさなのにコバンという名前でいいのか…


順調に調査が行えていましたが、台風8号が発生したため、帰りの那覇寄港を諦めて西表に長期滞在。

140708-124846_R.jpg

140707-125227_R.jpg


船浮湾は国際避難港ということで、多くの大型船が避難しに来ていました。
なぜか海上保安庁の船3隻に囲まれる場面もありましたが…笑

台風は西表の東を通っていったため、特に大きな被害はなく、翌日には問題なく調査が行えました。

西表最終夜には、夜釣りでとんでもない事件が!

昼間に釣ったキツネウオを1匹掛けにしてぶっこみ釣りをしていた人に強烈な当たりが!

140709-233014_R.jpg


海に引き込まれそうなほど引いています!
格闘すること1時間。
ようやくその姿が…

140710-000904_R.jpg

正体は推定2.5m、300kg?のオオテンジクザメでした。

でかい。
でかすぎる。。。
こんなものが上がってくるんですね。

140710-004707_R.jpg

ロープを括りつけて強引に引き上げましたが、もう少し弱らないと船までは上げられないので朝まで吊り下げて放置していたら、いつの間にか脱走していました…
残念。


1週間の西表滞在を終え、三重まで再び4日間の船旅。
1週間いても街中に行くこともなければ現地の人と遭遇することもなかったです。
あそこは西表だったのか、よくわかりません。

台風の影響で外海は奄美周辺まではめちゃくちゃ揺れました。

140713-185945_R.jpg

140713-203207_R.jpg


なんとか予定通りに松阪帰港。


これまで行ったことない海域での調査、他大学の練習船に乗るという大変貴重な経験をさせていただきました。
三重大学の皆さん、ありがとうございました!


全国的に梅雨明けした所が多くなってきましたね!
これから夏本番。
体調管理には十分に気をつけて、夏を楽しみましょう!!!


(下船後は陸酔いがひどかったです)
ぎんぽ



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/24(木) 20:50:18 | | #[ 編集]
おつかれさまでーす!
僕はまた明後日から勢水丸乗ってきますーぎんぽさんも機会があれば是非またどうぞ!
毎日あついですが体長お気をつけて!
2014/07/29(火) 15:42:57 | URL | Y本(三重大) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック