広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2014年10月25日 (土) | 編集 |

日増しに秋の深まりを感じる季節となりました。
釣りに行くと、いりこ(カタクチイワシの稚魚)漁船をあちこちに見かけます。
しげおです。

9月19~22日に行われた秋の水産学会に
冨山先生、タチウオさん、それと私で参加してきました。
広大からは竹原ステーションの方や、海野先生なども参加されました。

更新が遅くなり申し訳ありません。

ちなみに、私しげおは学会デビューでとなりました。
それでは報告を。




9月19日の夕方、博多駅に到着。

まずは博多らーめん。

水産学会 002
「粉落とし」を私は初めて注文しましたが、想像以上の硬さに驚きました。
けどやっぱり美味しい。


9月20日


会場となる九大の箱崎キャンパスへ。

水産学会 005


DSC02239.jpg
ポスター会場
人の多さに圧倒されます。


午後の部、タチオウさんのポスター発表。

「瀬戸内海におけるタチウオの食性」
DSC02231.jpg
タチウオについて研究されている方と熱い議論を交わされてます。

たくさんの人が立ち止まってポスターを見てらっしゃいました。
様々な方からの質問に対応するタチオウさん、流石です。


9月21日

いよいよ私は学会デビュー。


水産学会 006
こちらが発表会場、想像以上に広かったです。

「瀬戸内海におけるイカナゴ仔魚の分布と体サイズの地理的変異」
という題目で発表させて頂きました。

結果は緊張しまくりで、セリフが飛んだり・・・
正直いまいちでした、次回はリベンジを!

またこの後、冨山先生が
「潜砂状態の異なるアサリのカイヤドリウミグモ寄生状況と宿主の生残」
について口頭発表されました。


9月22日

この日はシンポジウムが開催されたのですが
なんと、冨山先生も「底魚の分散と加入機構」
について発表されました!
(会場内は撮影禁止ゆえno photoです、ご了承ください。)


以上が学会の報告です。


個人的には初学会ということで終始そわそわしてました。
もっと練習をしておけば、などお土産は反省がほとんどです。
しかし、いろんな方の発表を聞いたり、自分のテーマと関連する方の意見
を伺うことができ、大変有意義な時間となりました。


これを糧に、まずは卒論の初稿提出にむけて
頑張っていこうと思います。

11月には動物行動学会(in長崎)もあり
資源からも何名か発表されるので注目ですね。


次回はネタが新鮮なうちに
ブログを更新したいと思います。
(ゼミ旅行?釣り大会?)

以上です、それでは。

しげお


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック