広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
2014年11月13日 (木) | 編集 |
ぎんぽです!

今日は一気に更新しますよ!


先週、長崎大学で日本動物行動学会が行われました。
資源からは総勢11名で乗り込みました!


ビデオ発表でトップバッターを飾ったのは


Breno Barros
「Association of mimic juvenile fish with mangrove plants: insight into the use of mangrove habitats as nurseries for juvenile fish」

そうです。

th_PB020580.jpg


ブレノさんです!

ブレノさんは修士号を資源で取得された日本語ぺらぺらのブラジル人研究者です。
今回、奥様と観光で来日されたのですが、いろいろあって発表することになったみたいです。
タイトルもアブストラクトもがっつり英語なのに、日本語で発表されていました。


で、ポスターで4名が発表しました。

坂上嶺
「口永良部島におけるフタスジリュウキュウスズメダイの性転換能力」

th_PB020582.jpg


佐々木司
「ナメラヤッコ高密度個体群におけるハレム構造」

th_PB020584.jpg


木村祐貴
「タネギンポの半陸上生活は採餌の利点を伴っているのか?」

th_PB020611.jpg


岩崎菜美
「海底に潜って夏眠する魚、イカナゴの好む砂とはー潜砂底質の選好性実験」

th_PB020608.jpg


こんな感じでした。
JKさんは初の研究発表が行動学会でかなり緊張していましたが、しっかりと説明していました!



お待ちかねの懇親会では、ブレノさんが乾杯の音頭をとったり

th_PB020633.jpg


次期学会長の中嶋先生と次期事務局の坂井先生によるお楽しみの時間もあったり

th_PB020637.jpg


まぁいろいろありました!


学会後はゆっくり長崎満喫…
というわけにもいかず、ちょっとだけ長崎観光をして帰りました。

th_IMG_7932.jpg

th_IMG_7935.jpg


各々、得るものがあったのではないでしょうか!

th_IMG_7928.jpg

来年の動物行動学会は東京海洋大学で行われます。
何やら面白そうな催し物があるみたいで、今から楽しみです!

お疲れ様でしたー!


(長崎は遠いようでやっぱり遠かった)
ぎんぽ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック