広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2014年11月13日 (木) | 編集 |

続けていきます!


動物行動学会の2日後、広島大学と韓国のプキョン大学のジョイントシンポジウムが行われました。
プキョン大学の練習船カヤ号が来広したため、両学の交流の一環として企画されました。

th_IMG_7963.jpg


資源からは4名が発表しました。


まずは冨山先生

Takeshi Tomiyama
「Introduction to flatfish ecology」

th_IMG_7940.jpg

さすがです…
見習うべき点が山ほどありました。


マンボウさん

Etsuro Sawai
「Species identification of Mola sunfishes occurring in Korean waters using Google image search」

th_IMG_7944.jpg

なんというか、出オチ感満載でした。笑
学生トップバッターであんなことされると後ろはやりにくさがハンパじゃないです。。。


タチ男くん

Yohei Niino
「Feeding habits of the cutlassfish Trichiurus japonicus in the central Seto Inland Sea」

th_IMG_7949.jpg

タチ男くん初の英語での発表でした。
韓国でもタチウオはお馴染みの魚のようで、反応も良かったですね!


ぎんぽ

Yuki Kimura
「Behavioral ecology of the facultative air-breathing fish, Praealticus tanegasimae (Blenniidae) on rocky tide pools」

th_IMG_7958.jpg

日本人のトリでした。
研究内容もさることながら、最後のスライドの写真が一番好反応だったような…


プキョン大学の学生さんはとてもリアクションが良く、発表しているこちらが圧倒されるくらいでした。
日本人も負けていられませんね!


シンポジウム後はカヤ号での船上パーティーに参加しました。
まずは船の大きさに度肝を抜かれました…

th_IMG_7984.jpg

th_IMG_7968.jpg



向こうの方とも積極的に交流ができました!


th_IMG_7972.jpg

th_IMG_7969.jpg

th_IMG_7974.jpg

日本語が話せる方が多くてびっくりしました。


今回は、持ち時間が少なかったので簡潔にしつつ大きなインパクトを与えるのに苦労しました。
もっと鍛錬が必要ですね!

学会はしばらくありませんが、これからは卒論生が追い込まれる日々が始まります。
地獄を見ないように早め早めに作業を進めましょうね!


(まだいくつかブログネタがあります)
ぎんぽ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック