広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2015年03月05日 (木) | 編集 |
広島大学総合博物館の研究報告に資源から以下の2本が掲載されました。


重田 利拓・手塚 尚明・中川 倫寿・冨山 毅・坂井 陽一・斉藤 英俊・清水 則雄
「瀬戸内海周防灘中津干潟における絶滅危惧種アオギス Sillago parvisquamis(キス科)の最新の生息状況(2011-2013 年)」


木村 祐貴・新野 洋平・坂上 嶺・佐々木 司・清水 則雄
「広島大学総合博物館に収蔵された魚類標本:1909-2013 年」


重田さんの論文は、絶滅危惧種アオギスの瀬戸内海における生息状況について。
ぎんぽらの論文は、広大博物館の魚類標本コレクション設立と、各研究科から移管された標本の整理結果について。


PDFはこちらからご覧いただけます。
広島大学総合博物館

ぜひチェックしてみてください!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック