広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2015年07月20日 (月) | 編集 |

お久しぶりのフジサワです!
学部4年生になり、卒論研究対象魚もニセクロスジギンポに決まりました。
8月から本格的にフィールドに出て研究するので頑張りたいと思います。

さて、7月第2週目から三週連続で、学部2年生の基礎実験が行われています。

それぞれ2日連続で実験が行われていますが、

一日目は瀬戸内海の魚の同定、魚のスケッチ、テンジクダイの測定を。
基礎実験3


基礎実験2
学部2年生のみなさんは一生懸命同定しており、TAさんからホシササノハベラとアカササノハベラの違いについても
説明を受けていました!

テンジクダイの性判別はお腹を開き、生殖腺を見て判別しましたが、
テンジクダイは小さいため、学部2年生とTAさんの共同作業で性判別を行いました。

そして、二日目は、一日目のデータを元に、検定を行い、結果から考察を。
基礎実験
関数電卓とにらめっこしながら頑張る学部2年生と同じように、学部4年生も後ろの机でエクセルとにらめっこ。
エクセルを用いた検定、ヒストグラムなど、これからの研究で重要な方法を学びました!!

学部2年生の基礎実験ですが、実験を通して、私自身もたくさん勉強になりました。
明後日からの実験が最後の班なので、頑張ります!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック