広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2015年12月19日 (土) | 編集 |
口永良部島から最新の情報が入りましたので、お知らせいたします。

先月11月16日から帰島が開始され、現在、第一陣の対策本部4名がインフラ整備を行っています。

島を周回できる一周道路は、土石流で通行止め状態が続いていますが、
最大の集落である本村地区は、着々と帰島準備が進んでいるようです。
順調に行けば今月25日から多くの島民の皆さんが帰島できるとのことで、
現在、帰島準備に追われているそうです(12月18日現在の情報による)。
来年1月8日からの三学期開始は、エラブで迎えられそうとの話を伺いました。

インフラ整備で帰島している方の話ですと「魚が油断してか、とても釣れる」とのこと。
ほぼ自給自足生活なので助かっているようです。

これから様々な場所で支援が必要になりそうですが、国や県、町などでご支援頂ける部分と
どうしても支援の届かない部分が出てくるか思われます。
それを見極めるために、現在複数の島民の方から情報を収集しております。

1月末の第3回の注文締切り後、島民の皆様が一息つかれたタイミングで
話を進められればと考えております。

また適宜、進捗をお知らせしてまいります。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック