広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2016年05月20日 (金) | 編集 |
皆様お久しぶりです. 新M2のイレズミです.
潜水講習の間を割って失礼します,
気づけば5月も半ば, だんだん暖かくなってきましたね.
後輩達の潜水講習も終わり, 行動組はこれからが調査シーズンの幕開けと行ったところでしょうか.

これから始まる調査に先駆け, 行動分野の研究や調査方法, 調査場所についての簡単なレクチャーを行う”スタートゼミ” を先月行ないました!
対象は新4年生と外部からの新M1で, 計4回のゼミを行い, 先輩方から様々なことを学んでいました.

①魚類及び魚類学とは (ぎんぽ特別研究員さん)
IMG_3417_20160520115014651.jpg 
俺ゼミの内容をさらに砕いて発表していただきました.
私自身一度聞いたことがある内容ではあったのですが, 
魚類に関する基礎的な知識だけでなく, 学問に関する内容にも触れられており, 
参加している資源組の人やM2の人も熱心に聞かれていました.

また, スライドでの説明の後には, 恒例の標本ゼミ (今回はサンプル不足のため標本作成ではなく同定レクチャー) もありました!
IMG_3418_20160520115017642.jpg 

こいD君とOSANAIさんが中心に行なったのですが, 
それぞれ選ぶ魚に傾向があり見ていて面白かったです (こいDは長物や深海魚を, OSANAIは"THE 魚” といったシルエットの魚を好む傾向あり).

②野外調査とは (ばんじょーフタスジ先輩)
これから研究を行う人たちにとって大事な野外調査に関してのゼミを行なっていただきました!
ばんじょー先輩はこれまでえらぶで野外調査により研究をされており, ダイビングを用いた調査について詳しく教えていただきました.
潜水調査は面白さの反面, 辛いことや安全に行なわないと危ないことも多くあります.
気を緩めると命を落とす危険もあり, 後輩達は熱心に話をきいていた…ときいております (イレズミ不在のため写真なし...ばんじょー先輩さーせん...).

③飼育実験とは (イレズミ)
RIMG0574.jpg 
行動生態学における飼育実験とは, ということで, 現在自分が行なっている飼育実験や, 
これまで広大で行なわれていた飼育実験についてのレクチャーをしました!
私自身飼育実験歴は浅く, スライドを作成する中で気付くことも多くあり勉強になりました.
資源ではあまりメジャーではない飼育実験ですが, 挑戦する人がいれば, ぜひとも根気を持って取り組んでもらいたいです!

RIMG0589.jpg 
スライド発表後には水槽室見学と...

RIMG0592.jpg 
お茶部屋水槽の大掃除を行ない (手伝ってもらい) ました.
最近お茶部屋水槽も新規個体の加入やレイアウトの変更などが多くあり, 見ていて楽しくなってきました.
きれいな状態を保って, 見栄えの良いアクアリウムスペースになって欲しいですね^^

④調査地について (ぎんぽ特別研究員さん, FUJISAWA)
資源で主に調査を行なっている口永良部島と瀬底島について, それぞれの経験者からレクチャーしていただきました!
IMG_3510_20160520115021e23.jpg 
昨年, えらぶの噴火により広大生が島に滞在して研究を行うことはできませんでしたが, 
今年は新M1と4年生がえらぶで研究を行なうことが予定されています.
自然豊かであり研究外にも多くの勉強, 発見がある島ということで, 
これから研究に行く人たちは多くのことを学び, 成長して帰ってくるのではないでしょうか.

IMG_3512_201605201150210e2.jpg 
もう1つの調査値である瀬底島は, 沖縄県北部にある島です.
近くには美ら海水族館や瀬底ビーチと行った観光スポットも多い中, 
琉球大学の施設に宿泊させていただきながら研究を続けてきました.
今年は若干名が新たに瀬底に来る予定ということで, 
臨海施設のマナーを守り, 他の大学の方や研究に触れて様々なことを勉強してもらいたいですね (イレズミ含む).


ゼミでは様々なことを学びましたが, 忘れてはならないこと (特に潜水する人) は安全第一です.
命を守ることは当たり前として, 体を壊さないように各々の研究に打ち込みましょう.
夏明けに日に焼けた皆さんのからたくさんのお土産話を期待してます!


イレズミ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック