広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2016年06月21日 (火) | 編集 |

こんばんわ。

 

M1のタチバナ(タチウオとバナナ)です。

 

1年前のことですが、卒業研究のためにミャンマーに行きました。

 

そのことを今更ですが記事にしたいと思います!

 

東南アジア好きな僕にとってミャンマーはとてもワクワクする調査でした。

滞在中は現地の水産局や養殖施設、大学といった様々な場所に連れて行って頂きました。

また、行く先々では暖かく出迎えてくれました。

大きなココナッツとドリアンです。日本では見慣れない光景です。

タウナギの養殖?

エビの殻むき現場。

価値の高い魚種(ハタ科?)や甲殻類(blue swimming crab)の養殖場

 

さて、肝心な調査ですが、「タチウオ類の資源生態把握」です。地域間で種の構成や食性がどのようであるかを調査しました。

 

現地入りする前は水揚げがされていないかもしれないとの噂があり、不安の中、1つ目の調査地域であるミエック市の市場をまわった末

見つけました!販売は雑ですね。

 

購入後は近隣のミエック大学で(現地の学生に見守られながら)解剖を行いました。

こんなに見られることは今までになかったので緊張でドキドキしてました。

僕が解剖している間、先生は記録といった作業の補助や現地の方対象に講義をされていました。

 

解剖途中に停電や断水といったミャンマーではよくあるらしい出来事に遭遇しましたが、無事データをとることができました。

 

 

ミエック市の後は、ヤンゴン市での調査です。

ここではJettyという水揚げ場に行き、その場で購入・解剖(現地の方に見守られながら)でした。

ヤンゴン市では大小さまざまなタチウオ類が水揚げされていました。

大きいサイズは食用として、小さいサイズはFishmeal の材料として使われるそうです。

次から次へと水揚げされていました。

全部タチウオ類です。

 

 

今は、この卒論のテーマで投稿論文執筆を目指してます!!今年度には完成できるように頑張ります!!

 

余談ですが、ミエック市で売られていた「ミルキィボディーソープ」、お値段16500チャット。日本円で1450円くらいです。

ありえない!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック