広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2016年11月11日 (金) | 編集 |

広大付属中学校の生徒さんにむけて
タチバナナくんが研究紹介を3分間でおこないました.

RIMG1410_compressed.jpg
タチウオのマスコット?と熱弁をふるいます

RIMG1412_compressed.jpg
水産コースからはうみの研の方も発表していました



発表を聞いて,自分の研究のおもしろさを伝えるのって
難しいな(しかも3分で)と感じました.
でも簡潔におもしろさを伝える力っていうのは大事なわけで.
以前,母親に
「あんたの研究は何の役に立つの?」
なんて聞かれてことを思い出しました,そして返答に困った思い出.
学費を頂いてる以上そういうことぐらい答えられんとなーとか
まじめな反省をしつつ,やっぱ研究者相手だけじゃなくて
それ以外の人(子供とか)にもおもしろさを伝えれらるようでないと
学生といえど研究者としてビミョウやなーとか思いました.


おもしろさってなんだ?かんたんなようで奥が深いです.


RIMG1417_compressed.jpg
タチバナナくんおつかれさまでした


現在,行動組の数名は新潟大で開催されている
動物行動学会
に出席しています(13日まで).
迷走と涙の結晶(ポスター)は必見?
お近くの方はぜひ.


しげお

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック