広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2017年02月13日 (月) | 編集 |
こいDです。

今月の初めにコブダイさんの博士論文公聴会がありました。




3越智さん



日本の温帯域に生息する大型の魚ながら未開明な部分が多いコブダイを、10年以上にわたり研究されてきたコブダイさんの研究の集大成。

越智さん


2越智さん


市場に出回らない、サンプルの確保が困難、潜水観察ができない、寿命が長く大型になるという研究を難しくする要素たっぷりのコブダイ。
そんなコブダイにチャレンジしたコブダイさんの研究によって年齢と成熟、性転換能力、コブは雌雄ともに発達するなど様々なことが明らかになりました。
詳しい内容は、投稿論文として近日中に公開される予定です。

越智さん4



コブダイさんに聞いたところ、今後もコブダイの新たな謎を解明するべく、研究は継続するかもしれない ということなので、さらなる謎の解明を楽しみに待ちましょう。
ひとまず、おつかれさまです。







コブダイさんのように、もっともっと自分の研究対象魚にのめりこまなければ と思いました。

こいD

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック