広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2017年02月23日 (木) | 編集 |
こんにちは、UEYMAR Jr.です。


寒いのは苦手です。
早く暖かい春が来ませんでしょうか。


2/17(金)は、4年生の卒業論文発表会でした。
DSC03732.jpg
前回までの形式とは異なりまして、口頭発表のみでの報告となりました。


RIMG0135.jpg
発表前の様子。
緊張と緩和。それぞれの思いが写し出されています。


資源からは5名が発表されました。

まずは、オオイカナゴくさかくん。
RIMG0141.jpg
イカナゴの地域差について。
驚くほど大きなイカナゴを扱っていましたね。


次は、あわじしまくん。
IMG_1943.jpg
伯方島でのイカナゴ飼育の成果を報告していました。
なんども練習していたので、バッチリでしたね。


続いて、サキグロちゃん。
IMG_1949.jpg
サキグロタマツメタの卵塊について。
卵塊の飼育などで、幾つもの困難を乗り越えて来たのではないでしょうか。


お次は、ゴエモン。
IMG_1956.jpg
えらぶで獲れるニザダイの食性について。
藻類の同定は難しかったでしょう。


最後は、エンドー。
RIMG0203.jpg
豊潮丸でのイカナゴ調査もありました。
イカナゴ飼育によって、砂の中での行動も観察していましたね。


卒業生のみなさん、お疲れさまでした。
他研究室の発表も含めて、非常に興味深いものでした。


お茶部屋では労をねぎらい、ぜんざいを振る舞いました。
が、美味しそうな写真は撮れず。


進学する方も、社会人になる方も、
この経験はきっとどこかで役に立つはずですよ!
IMG_7165.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック