広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2017年03月19日 (日) | 編集 |
こんにちはヒメハゼです。
干潟の生態系を圧倒的な個体数で支配しています。
宜しくお願いします。


3月16日~18日(土)に、カレイ採集のため仙台に行ってきました。
私は未だ埼玉より北に行ったことがなかったので、非常に楽しみでした。
そして東北の干潟と想像するだけでワクワクしたことと、花粉症による鼻づまりとのスーパーコラボにより
朝3時に目が覚めました。

RIMG0329.jpg
行きの新幹線。眠すぎてマグマさんの後頭部しか撮ってませんでした

IMG_1420[1]
仙台駅到着

IMG_1411[1]
牛タン。お肉が柔らかすぎて最高

IMG_1415[1]
居酒屋にて。「バクライ」という謎の一品を注文してみました。ホヤだそうです

仙台駅の近くにポケモンセンターがあったので、寄ってみました。
IMG_1376[1]
初めてポケモンセンターに入る、駆け出しの主人公サトシ
IMG_1379[1]
最初に選んだポケモンは、やっぱりピカチュウ

IMG_1380[1]
ではなくマグマポケモン・KAZUSHI
(ステータス ; HP=3 、 こうげき=30000、 ぼうぎょ=、 その他 0)
でした。

IMG_1378[1]
KAZUSHIさんお買い物。
歩きすぎて疲れてましたが、HP回復したみたいです(HP:1→3)


IMG_1382[1]
そのあと、牛タン2回目。牛タンカレーのお肉は分厚いですが、柔らかく簡単に噛み切れます。
あとテールスープが超美味(☆5)

IMG_1389[1]
ずんだ餅。すりつぶしても枝豆の味と粒粒感は原料そのまま。午後のひと時にぴったりの一品。

IMG_1403[1]
先生と合流後はお寿司を食べました。イシガレイがあったので真っ先に注文、とおもいきや売り切れのご報告が、、、
でもホウボウや目ひかりの唐揚げなど、東北ならではの品々を満喫しました。



と、ここまで食べログみたいになってしまいましたが
ちゃんとカレイ採集やりましたので、後半は調査の模様をお伝えします

今回行ったのは蒲生干潟(がもうひがた)という所です

RIMG0331.jpg
RIMG0348.jpg

東北は干満差が少なく、上の写真は満潮時のものですが
既に網を曳けそうな感じで、瀬戸内海ではあり得ない光景でした。

ということで採集を行ったのですがKAZUSHIさんと主人公サトシ・私ヒメハゼの3人で1匹しか採れず。

そこで隣接する七北田川(ななきたがわ)へ。
RIMG0358.jpg
RIMG0351.jpg
次こそは、、
先生のアドバイスをもとに
波打ち際をタモ網で攻めた結果、

RIMG0342.jpg
大漁。


RIMG0350_20170319184049ce9.jpg
RIMG0349_20170319184047855.jpg
RIMG0340.jpg
あっという間に100匹集まりました。


RIMG0335.jpg
この写真、パッと見ただの砂にしか見えませんが
イシガレイが映っています。
どこかわかりますか??


正解は、、
イシガレイ12
ここでしたー。
小さくて見えなかったかもしれませんごめんなさい。
イシガレイだけでなく、干潟には砂の色に擬態する生物がたくさんいて
面白いです。
広島に留まらず、全国各地の干潟をみてみたいと思う今日この頃でした。


IMG_1398[1]
蒲生干潟の隣にあった、”元祖”日本一低い山「日和山」
何ともシュールな光景。


IMG_1405[1]
話が前後しますが、17日の夕方に東北大学農学部さんへお邪魔させていただきました。
まだ移転して間もないキャンパスとのことで、非常に綺麗で大きく、実験設備も素晴らしかったです。
あと、部屋のドアが窓がほぼ全部ガラス張りなのは驚きました(写真撮り損ねました、、、)
ありがとうございました!!


IMG_1384[1]
IMG_1385[1]
非常に濃い3日間でした。

イシガレイはクーラーボックスの中で活かして持ち帰り、
我々資源の実験室へ。
今日は朝からポケモンマスターを目指すサトシとイシガレイを竹原ステーションへ移動させ、新たな蓄養水槽を作りました。


RIMG0369.jpg
RIMG0371.jpg
RIMG0367.jpg
これから怒涛の日々が始まりますが、
実験は慎重に・学会と就活は楽しんでできるようにしたいと思います。

THE END


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック