広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2017年03月31日 (金) | 編集 |
論文が出版されたのでご報告です。
おめでとうございます。

Yuichiro Ochi, Yukio Fukui, Yoichi Sakai, Hiroaki Hashimoto
『Age, growth and reproduction of the Asian sheephead wrasse Semicossyphus reticulatus in the western Seto Inland Sea, Japan』 Ichthyological Research

コブダイの生態についてまとめた世界初の論文です。
論文はこちらからご覧頂けます → http://urx3.nu/CDxd

Kazuki Yoshida, Tatsuma Sato, Kaoru Narita, Takeshi Tomiyama
『Abundance and body size of the moonsnail Laguncula pulchella in the Misuji River estuary, Seto Inland Sea, Japan: comparison with a population in northern Japan』 Plankton & Benthos Research

西日本におけるサキグロタマツメタのサイズや分布などの生態特性を明らかにしました。
論文はこちらからご覧頂けます → http://urx3.nu/CDxP

Kazushi Kusakabe, Masaki Hata, Jun Shoji, Masakazu Hori, Takeshi Tomiyama
『Effects of water temperature on feeding and growth of juvenile marbled flounder Pseudopleuronectes yokohamae under laboratory conditions: evaluation by group- and individual-based methods』 Fisheries Science

マコガレイ稚魚の適水温に関する初記載論文です。
論文はこちらからご覧頂けます → http://urx3.nu/CDxt

Yuya Shigematsu, Yuichiro Ochi, Shuhei Yamaguchi, Kazumitsu Nakaguchi, Yoichi Sakai, Jun-ya Shibata, Wataru Nishijima, Takeshi Tomiyama
『Winter longitudinal variation in the body size of larval fishes in the Seto Inland Sea, Japan』 Fisheries Science

冬季の瀬戸内海において、イカナゴやカサゴなどの仔魚で体サイズに東西変異がみられることを明らかにしました。
論文はこちらからご覧頂けます → http://urx3.nu/CDxI



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック