FC2ブログ
広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2017年10月24日 (火) | 編集 |
皆様こんにちは。M1のフウライです。
インド・太平洋魚類国際会議(IPFC)を含むタヒチ旅行記の前半をニセクロさんがお伝えしてくれましたので、私から後半の様子をご報告したいと思います。

ニセクロさんが発表を終えた翌日に発表を控えた桑村先生、フタスジさん、私は、解放モードのニセクロさんを尻目に直前まで練習を重ねていました。

いよいよ本番!
私達3人が発表する部屋は人が30人入るか入らないかくらいのかなり小さい部屋で鶏の鳴き声が響き渡る何とも言えない環境でした...
とは言っても、やはり初めての国際学会&英語での口頭発表ということで当日は1㎜の余裕もないほど緊張していました。
DSC_2733-1.jpg 

実を言うと緊張しすぎて自分がちゃんと発表できていたのかあまり覚えていませんが、周りの方の反応を見る限り大丈夫だったようです(笑)
一番心配だった質疑応答も、対策として「もう一度言ってください」や「すぐには答えられないので後で話しましょう」といったフレーズを英語でたくさん用意しておいたのですが、その場で何とか答えることができました。

次は桑村先生
DSC_2774-1.jpg 
私達が「スライドを見てください!」「発表練習をさせてください!」と何度も邪魔してしまったにもかかわらず、原稿を見ることなく非常に落ち着いた発表で、やはりさすがだなぁと改めて感じました。ベテランの桑村先生でさえネイティブの発音を繰り返し聞いて練習するなど念入りに準備されていて、国際学会で発表するということはこれほど丹念な準備が必要なのだと気づかされました。

最後はフタスジさん
DSC_2779-1.jpg 
日本語でも説明が難しい複雑な現象を上手くまとめていて、スライドも練習の時よりもかなり改善されておりフタスジさんの努力が伝わってきました。

発表が終わった後は公園でExercising
PA050494-1.jpg 

そしてワインで乾杯!
PA050516-1.jpg 
レンジさんポーズは着々と受け継がれています。
ちなみにお酒が弱い私はヤシの実で乾杯!!
DSC_2811.jpg 
初日からスーパーで目を付けていたヤシの実をようやくゲットできました!

1か月前にフィールド調査から帰ってきてから発表の準備で死にそうに忙しい日々でしたが、ようやく肩の荷が下りました。


発表の次の日にはタヒチ島のパブリックビーチでシュノーケリング
PA060866-1.jpg 

タヒチで訪れた3つのビーチの中で、一番サンゴと魚が多かったです。
PA060745-1.jpg 

何より透明度が高く、水が無いみたいにきれいに写るので写真を撮るのがとっても楽しかったです。
PA060735-1.jpg PA060930-1.jpg
PA060965-1.jpg PA060990-1.jpg

私が最も感動したのがこの魚
PA060606-1.jpg 
スダレチョウチョウウオ!!初めて生で目にすることができました!


マルシェ(フランス語で市場の意味)でお土産を物色。
DSC_2854-1.jpg 
貝殻細工のペンダントやベルトがたくさん置いてあり、貝殻好きの私はウハウハでした!

IPFC Gala Diner(懇親会)
DSC_2826-1.jpg 
高級(?)ホテルでバイキング形式の豪華な食事をいただきました!
スイカ→お刺身→チョコフォンデュ→ケーキ→スイカ→お刺身→チョコフォンデュ→ケーキ…と写真を撮るのも忘れて食べ過ぎました(笑)

学会会場でも休憩時間の度にミニケーキやジュースが出てくるので、毎回ありがたく食べ過ぎておりました。
DSC_2873-1.jpg

タヒチ伝統ダンスのショー
DSC_2828-1.jpg 
フラダンスのように腰を振るダンスですが、ハワイはゆったり、タヒチは高速で腰を振るのが特徴だそうです。

ボラボラ島
最終日には飛行機とボートでボラボラ島に渡りました。
PA080011-1.jpg 
何といっても海の色がとってもきれいで、南国に来た~!という感じがしました。

ボラボラ島のパブリックビーチ
PA080125-1.jpg 
透明度が高く写真映えする風景です!

しかし、潜ってみると“ビーチ”と言うだけあって海の中も一面砂で覆われていてサンゴが見当たりません。
PA080061-1.jpg 
やっと見つけたサンゴも小さな根が所々に点在するだけで、サンゴ礁の海を期待していた私達にはちょっと残念でした。
そんな中でも面白い生き物がいくつか見られたのでご紹介します。

PA080100-1.jpg PA080212-1.jpg
      エイ         取り憑かれたウニ
PA080177-1.jpg PA080223-1.jpg
変わった体色のネズスズメダイ?  オビテンスモドキ

モーレア島、タヒチ島、ボラボラ島と3か所の海に潜って、透明度の高い海も素敵でしたが、自分達がいかに恵まれたフィールドで研究できているのかを改めて知ることができました。


タヒチの方はみんなびっくりするくらい優しくて、長いようであっという間の10日間、楽しく快適に過ごすことができました!
親切にしてくださった皆様、発表準備にご協力くださった皆様に感謝します。


フウライ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック