FC2ブログ
広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2017年11月17日 (金) | 編集 |
口永良部島では噴火災害から復興が進み、元の生活を取り戻しつつあります。
先のブログ記事にありますように、当研究室ではチャリティーTシャツ企画、口永良部島に滞在している学生の現地でのマンパワーとしての活躍を通して、僅かばかりの復興支援を続けてまいりました。


しかしながら、世間的には「口永良部島は噴火している危ない島だ」という認識がいまだに強いという現状にあります。


そうした認識を変えていくためには口永良部島の素晴らしいところを島外へとアピールしていく必要があります。
そこで、当研究室が中心となって「くちのえらぶプロジェクト」を立ち上げ、2016年に全国の研究者・学生とともに口永良部島で魚類相調査を実施しました。
(その様子はこちらから エラブ魚類相調査 


調査の成果を1年間でまとめ上げ、図鑑として鹿児島大学総合研究博物館から今年末に出版することになりました!


調査で採集された魚類の美しい標本写真、生態写真のほか、過去に研究者が口永良部島で採集し、研究機関に保管されていた標本の写真を掲載しています。

また、口永良部島の歴史や営みについてのコラムや、調査で得られた標本をもとにした魚の小話などを多数掲載し、読み物としても楽しめます。


口永良部島、屋久島町などへの無料配布を予定しています。


また、より多くの方に口永良部島の海の魅力に触れてほしいという思いから、受注印刷を承ります。
書店等での販売、流通は行いません。


金額:1冊 2000円(送料込み)


購入を希望される方は、以下を明記のうえ下記アドレスまでご連絡ください。

・氏名
・連絡先
・住所
・希望冊数

お問合せ先 erabuzukan@yahoo.co.jp


申し込みを確認後、振り込み等についてのメールを返信します。
その他お問い合わせも上記アドレスまでお願いいたします。


本プロジェクトは、口永良部島のこれからの発展を支援したい思いで実施したものです。
営利目的ではありませんので、粗利益はすべて無料配布の経費として使用させていただきますのであらかじめご了承ください。


印刷の都合上、12月15日締め切りとさせていただきます。
出版は12月下旬を予定しておりますが、お届けは年明けになる可能性があります。



たくさんのご注文を心よりお待ち申し上げております。


くちのえらぶプロジェクト

無題3 無題1
無題2 






コメント
この記事へのコメント
図鑑の販売について
こちらの記事を拝見し、図鑑を購入したく思いコメントさせて頂きました。
締切から半年以上経っているにも関わらず恐縮ですが、在庫がまだございましたらお譲り頂けないでしょうか。

不躾なコメント、失礼いたしました。
2018/07/17(火) 02:08:56 | URL | もち #-[ 編集]
Re: 図鑑の販売について
もち様

ご返信が遅くなってしまい大変申し訳ありません。
口永良部島魚類図鑑注文担当をしております。坂上と申します。
お尋ねになりました図鑑の購入ですが、まだ僅かではありますが在庫があります。
もし現在もご購入を検討されておりましたら下記のアドレスまでご連絡ください。
対応させていただきます。erabuzukan@yahoo.co.jp

> こちらの記事を拝見し、図鑑を購入したく思いコメントさせて頂きました。
> 締切から半年以上経っているにも関わらず恐縮ですが、在庫がまだございましたらお譲り頂けないでしょうか。
>
> 不躾なコメント、失礼いたしました。
2018/08/21(火) 15:53:48 | URL | 水圏資源生物学研究室 エラブ図鑑注文担当 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック