FC2ブログ
広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
| Login |
2019年09月05日 (木) | 編集 |
こんにちは、H.Sです。
台風接近中の沖縄県瀬底島から投稿しています。過去の瀬底滞在記はこちらをご覧ください。

今回は、これまでしていなかった自分の研究内容と、最近の瀬底での暮らしぶりもご紹介します。

私は掃除魚擬態をするニセクロスジギンポという魚の『擬態機能の解明』を目的とした基礎生態(繁殖、摂餌、社会的行動など)について調べています。

ニセクロというとフジサワさんが研究していた魚でしたが、引き継ぎ、擬態機能解明について残された課題に取り組んでいます。

もともとは別のイソギンポ科魚類をする予定で来たのですが、3月末の予備調査で、瀬底ではあまり見つからず、代わりに珍しく越冬した大型のニセクロを見つけました。その観察を続けていたところ ”実は世界のどのサンゴ礁からも報告がなかった” 繁殖行動について観察することができました。さらに、例年よりも早い時期からたくさんの幼魚が流れ着き、今年は「ニセクロの当たり年」だったのです!そのおかげで残された課題や面白いことが、だんだん分かってきました。もっと詳しいことについては、学会と魚生研でお話できたらなと思っています。



さて、研究はこのような感じなのですが、研究以外の時間はどんなことに使っているかというと...

七夕には瀬底オーシャンズカップというバレー大会がありました。まわりは皆、強いチームばかりで、瀬底研究施設チーム"sesoko united"は、頑張りましたが、初戦敗退でした...しかし、とても良いリフレッシュになりました!(写真はぼかしてます)。

20190905_131001069_iOS.jpg

7月の末に開催されたハーリーレースにも参加しました。一番右の黄色いフラッグがsesoko unitedチームです。

20190728_065758720_iOS.jpg

10人で写真のようなハーリー船に乗って速さを競う大会です。息をぴったり合わせて漕ぐことが大事なので掛け声は、みんなが大好きな、ビール!ゴーヤ!ビール!ゴーヤ!.....(笑)なんとも奇妙な掛け声で、周りの観戦者も驚いていましたが.......

20190728_065814177_iOS.jpg

接戦の結果...








20190728_065817223_iOS_201909052219416f7.jpg

チームブロックでは1番!全体では5位/17チームでした!もう少しで入賞でした〜惜しい!

そして、瀬底には古き良き伝統が残っています。沖縄では、お盆の時期になるとエイサーと呼ばれる盆踊りがあります(正確には旧盆なので時期が違いますが、今年は同時期でした)。エイサーの踊りと曲は地域によって様々な型がありますが、瀬底のエイサーはシークンチュ(瀬底で生まれ育った人)によって守られてきたそうです。

DSC09762 - コピー

ちゃっり私も体験してみました。こんな貴重な経験は、なかなかできないですね!

このような感じで、研究だけでなく瀬底暮らしも楽しみながら、過ごしております。先月は瀬底のニセクロとの比較データをとるため、宮古島に行ってきました。次回は宮古島調査のことを書いてみようと思いますのでお楽しみに。

最後は瀬底で撮ったお写真でお別れです。

P6160394.jpg

顔みたいな岩。ヒメジャコガイが閉じると瞬きしてるみたいです。
P5150076.jpg

前回もブログに登場したサザナミヤッコの幼魚です。だいぶラインが増えましたよ!
P7230037.jpg

こちらはソメワケヤッコです。う〜ん、この青と黄の2色に染め分けられた色は不思議ですよね。
P8050372.jpg

それでは、暑い日々が続くと思いますが、お体にはお気をつけください。またお会いましょう。 by. H.S



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック