広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2012年07月09日 (月) | 編集 |
気がつけばもう7月ですね。
もう夏の気配がプンプンしております。

さて、夏のエラブといえばこいつらではないでしょうか?

IMGP0379_convert_20120709224529.jpg


そうです

ヘキです。

ヘキとはこっちの地方でオヤビッチャのことを指します。
水族館、アクアリウムで観賞魚としてよく扱われているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

しかし、展示に用いられるオヤビッチャはせいぜい5,6cm程度。
きっと大きくなってもそんなもんだと思ってらっしゃる方が多いでしょう。


ところがどっこい、エラブには15cmを超えるような奴らがゴロゴロいます。
そんでもって、食用です。

観賞魚として有名ですが、食用なんです。

ちなみに主な調理法は

写真+(2)_convert_20120709233058

唐揚げです。


これがまた美味いのです!
なかなか信じられないでしょうが、美味いのです!

夏の時期でないと味わえない、エラブの味ですね。


ヘキはヘラ竿を使ったウキ釣りで狙います。
これがまた難しい!

タナが違えば全く食わないし、なかなかアワセられないこともあります。
かと思えば、入れ食い状態の時もあります。

シンプルだけど、奥の深い釣りですね。


ちなみに外道でいろんな魚が釣れます。
ベラ類、ブダイ類各種
イソゴンベ、チョウチョウオ類 etc

今日はこんな奴も上がりました。

DVC00085_convert_20120709232805.jpg


そうです。
こちらも水族館でおなじみのハタタテダイです。
でかい...

また、釣れてはいませんが、カスミアジ、GT、ツムブリといったソルトルアーアングラー大興奮の大物もよく回ってきていました。


そして最大の外道はこちら。

DVC00086_convert_20120709232821.jpg


島ではクロと呼ばれますが、正式にはメジナといいます。
西日本ではグレと呼ばれたりもしますね。

ヘキ釣り用の仕掛けにクロがかかると魚とのやり取りが楽しめます!
この写真の奴もよく引きましたー!
もちろん刺身にすると夜のツマミに最高!

ただ、ヘキ釣りは朝から夕方まで、小さな瀬の上でひたすら釣り続けます。
とにかく焼けるので、それなりの対策は必要です。


長々となりましたが、エラブに来られた際には潜るだけでなく、釣りも楽しんで欲しいなぁと思うのです!



日ごとに暑くなっていきますが、皆様体調に気をつけて自分の研究を頑張りましょう!

(広島組も楽しそうで少し羨ましい)
ぎんぽ

コメント
この記事へのコメント
うわぁ、えぇなぁv-10
ヘキ釣り行きてぇv-229
2012/07/11(水) 23:09:31 | URL | KOBU=DEL #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック