広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
| Login |
2012年08月01日 (水) | 編集 |
どうもこんにちは。

記事を書くのは久しぶりです。
資源の核弾頭ことM2のキュウセンです

夏真っ盛りですがみなさんお元気ですか!?
水分補給はもっぱらお茶でやってる私です。

ま、そんなことより、

われらが研究フィールド、手つかずの自然が残る「倉橋島」。

倉橋島の夏の風物詩と言えば・・・
IMGP0586_convert_20120801182147.jpg
「パッチ網」 ですよね!

パッチ網漁とは、イワシ類の子供であるしらすをとる漁業のことで、
誘導船にしたがって2隻の漁船が網を引き、魚群を囲み一網打尽にします。
IMGP0588_convert_20120801182245.jpg
だいぶクライマックスですが、こんな風に2隻の間で網をあげてきて

IMGP0589_convert_20120801182345.jpg
このなかにたくさんのしらすが!!!!IMGP0591_convert_20120801184154.jpg
これだけでもだいぶ獲れたと感じたのですが、
運搬船の魚倉がパンパンになるときもあるみたいです。

まだ日の出前の朝4時に船に乗り込み、15時までに計3回の引網を体験させていただきました。

ひょんなことから、今回漁船に乗らせてもらえることになったのですが、
お世話になった作田水産の皆様方、本当にありがとうございました。
貴重な経験ができ、釜揚げのちりめんまでいただいてみなさんの親切に感無量です。
IMG_5011_convert_20120801183013.jpg

研究室メンバーでおいしくいただきました☆

IMGP0598_convert_20120801184224.jpg
っていいなぁ。。。



(海の男のかっこよさを改めて感じた)
キュウセンでした








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック