広島大学水圏資源生物学研究室のブログです。資源のOB、OG、何かの縁で資源に関わってこられた方に、研究室のイマの様子を時には真面目に、時には面白くお伝えしていきます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2012年04月24日 (火) | 編集 |
遅くなりましたが、先週から標本整理がはじまりました!



こちらの部屋に大量に詰め込まれた標本達を、片っ端から処理していきます。

IMGP0171_convert_20120424151652.jpg



本当に大量なので、数日にわけておこなっていきます。

IMGP0161_convert_20120424151929.jpg

サンプル瓶から薬品を抜き取り、干して、焼却処分。
廃液が大量です…

やり始めたらやるしかありません。
昔の人の言葉に


「そこに山があるから」


という名言がありますが、これを資源的に言い換えれば



「そこに標本があるから」




スベリましたね。
すみません。


IMGP0162_convert_20120424153052.jpg


この日は1時間ほどで終了!

でもまだ1割くらいしか片付いていません。


標本との戦いは続きます。



ちなみにですが、ここでいう標本は台帳等に登録されているような標本ではなく、実験で使用した標本の残骸、いわば先輩方の努力の跡です。
分類学的に価値のあるようなものではないということを、誤解なされぬように。

ま、努力の跡というよりは負の遺産かもしれませんけどね。


それではこの辺で。


ぎんぽ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック